相澤孝夫(救命救急)のwiki風プロフ!小平奈緒との関係は?【カンブリア宮殿】

平昌オリンピックで

日本人初挑戦スピードスケート女子初の

金メダルを獲得された小平奈緒さんを

支えたとされる相澤病院。

そこの理事長である

相澤孝夫さんが

5月24日(木)放送の

【カンブリア宮殿】に出演されます!

出典:http://cdn.tv-osaka.co.jp/onair/detail/progid=1189347/time=now/

「24時間365日、どんな患者でも受け入れる。」

という基本理念の下、救命救急で

地域の絶大な信頼を得ている病院の

理事長はどんな人なのか…!

今回はそんな相澤病院の

理事長である相澤孝夫さんに

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

相澤孝夫のwiki風プロフィール

名前:相澤 孝夫(あいざわ たかお)

生年月日:1947年

出身地:長野県

専門分野:消化器内科

所属:社会医療法人財団慈泉会相澤病院

役職:理事長・院長

相澤孝夫の経歴

1973年 東京慈恵会医科大学卒業
1973年 信州大学医学部附属病院勤務(内科学第二講座)
1981年 特定医療法人慈泉会相澤病院 副院長就任
1988年 社会福祉法人恵清会 理事長就任
1994年 社会医療法人慈泉会相澤病院 理事長・院長就任
2008年 社会医療法人財団慈泉会相澤病院 理事長・院長就任

相澤孝夫さんは大学卒業と同時に

大学の附属病院に勤められています。

そして、そこでの経験を生かして

相澤病院の副院長に就任します。

実は相澤病院は

相澤孝夫さんの祖父である

曽兵衛さんが明治41年に開業した

病院でお父さんの後を相澤孝夫さんが

継いだ形となります。

相澤孝夫の理事長としての功績

相澤孝夫さんが病院の理事長に

就任することになったのは48歳の頃で

その当時は相澤病院は赤字経営

続いていたそうです。

職員の疲労や不満が溜まっていっていることを

感じた相澤孝夫さんは

まず、病院の目指すべき姿を明確化します。

  • 真心を込めた医療を行う
  • 地域に信頼される医療を行う

これらの方針を持って

救命救急に特化した病院へと

生まれ変わらせることに成功します。

相澤病院と小平奈緒の関係は?

小平奈緒さんは信州大学を卒業した後

結城コーチに師事するために地元の長野県で

活動を受け入れてくれる企業を探していました。

ただ、当時はリーマンショックという時代背景から

なかなか、スポーツ選手をサポートすると

名乗り出る企業は見つかりません。

そんな中で出会ったのが相澤病院でした。

相澤孝夫さんは

「小平奈緒さんが彼女らしくスケートをしてくれれば病院も患者もさらには地元も前向きになれる」

と小平奈緒さんを支援する決意をします。

出典:GLOBAL HEALTH

そこから小平奈緒さんと相澤病院との間に

縁ができて今日に至るというわけです。

まとめ

相澤孝夫さんは赤字経営の

病院を救命救急に特化させることで

また、小平奈緒さんを支援することで

地域の信頼を勝ち取ることに成功しました。

それは、相澤孝夫さんの

人柄と経営力が為せる技だと感じました。

相澤孝夫さんはこれからも

地域の活性化のために救命救急という

土俵で貢献していかれることでしょう。

スポンサーリンク
記事下
記事下

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする