辺真一は韓国人と日本人のハーフ?国籍はどこで反日なのか?レーダー照射問題はどうなる?

スポンサーリンク

ジャーナリストで

コリア・レポート編集長の

辺真一さんがレーダー照射の件について

韓国を養護している?として物議を醸しています。

事の発端はお昼の番組

【ひるおび】でのこと

韓国海軍の駆逐艦が海自機に

火器管制レーダーを照射したとして

問題になりました。

このことについて

辺真一さんは

「韓国は『日本が友好国だから今までの低空飛行に目をつぶってきたが度が過ぎたからレーダー照射した』と言ってくると思う。韓国は友好国」

出典:twitter

とコメントし一件落着にしようとしています。

これに対しネットでは

  • 韓国を擁護している。
  • もっと平衡感覚を持っている人だと思ってた。
  • 一件落着じゃねーよ

などなど

辺真一さんに対して非難の声が

上がっています。

スポンサードリンク

レーダー照射とは?

じゃあそもそも”レーダー照射”って?

と思う人がいるかも知れません。

”レーダー照射”とは

ミサイルなどで攻撃する標的レーダー電波を発して照準を合わせること。軍事攻撃の準備段階と規定される。

出典:コトバンク

そう

つまり”レーダー照射”とは

「もう攻撃準備できてるよー」

という一触触発の状態を表しています。

これは大問題

韓国側は「実態を知ることができない機械音」

として片付けてしまうつもりのようです。

なんでも

日本側は

(1)解析結果のもととなる探知したレーダー波のデータやレーダー波を音に変換したデータなど事実確認に資する証拠と、韓国駆逐艦の火器管制レーダーの性能や同レーダーの使用記録などを、情報管理を徹底した上で突き合わせ、共同で検証していくこと

2)探知したレーダー波を音に変換したデータを持参し、その場で韓国側に聴取してもらうこと

を提案したそうですが、2点とも韓国側が拒否したそうなのです。

これを擁護したとあっては

辺真一さんへのバッシングもやむなしという

感じですが果たして…

辺真一の国籍は?

辺真一さんは

父親が韓国人

母親が日本人のハーフです。

国籍は日本にあるそうです。

実は自分の母親が日本人だと

知ったのは辺真一さんが50代の

頃なんだとか。

これは結構衝撃

そして

気になるのは辺真一さんは

反日なのか?ということ

wiki情報では

「現代財閥創業者の鄭周永の妻、邊仲錫は父方の親戚」

とあり

この”現代財閥創業者の鄭周永”は

金正日総書記と謁見するほどのお方だそう。

これだけで

反日と判断するのは

早計かもしれませんが

辺真一さんが韓国を擁護しているのは

信憑性がありそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする