井口智裕(いせん社長)のwiki経歴!旅館HATAGO井仙の魅力は?【カンブリア宮殿】

スポンサーリンク

3月28日(木)放送の

【カンブリア宮殿】は

『逆襲温泉SP!伝統の温泉町「草津」と「湯沢」に現れた革新の男』

ということで”「草津」と「湯沢」に現れた革新の男”こと

いせん社長の井口智裕さんが出演されます!

今回は

いせん社長の井口智裕さんに

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

井口智裕社長のwiki風プロフィール

名前:井口智裕(いぐちともひろ)

生年月日:1973年7月6日

出身地:新潟県湯沢町

学歴:イースタンワシントン大学経営学部マーケティング科 卒

役職:代表取締役社長

会社:株式会社いせん

井口智裕社長は高校を卒業後に

イースタンワシントン大学で経営学を学び

卒業後に帰国します。

そして

井口智裕さんの父親が経営する

『湯沢ビューホテルいせん』に入社されます。

2005年には社名を『株式会社いせん』に変更。

と同時に代表取締役社長に就任。

同年の10月には施設を

『越後湯澤HATAGO井仙』として

リニューアルされます。

2008年に雪国観光圏事業設立以来プランナーとして参画されます。

そして

2013年には

『一般社団法人雪国観光圏』を設立し

代表理事に就任されます。

さらには

他に合同会社雪国食文化研究所代表社員

観光庁観光産業政策検討委員なども務めているそうです。

観光関係に多忙なお方のようです。

スポンサードリンク

『越後湯澤HATAGO井仙』の魅力は?

井口智裕社長が経営する旅館

『越後湯澤HATAGO井仙』

出典:http://hatago-isen.jp/

その始まりは

旅館業の「不」を解消しようと思ったのが始まりだそうです。

どういうことかというと

井口智裕社長はこれからのお客様にとって

必要なコトとモノを充実させて

不必要な部分を削ることを常に考えているそうです。

そこで

『越後湯澤HATAGO井仙』では

今までの旅館にありそうでなかった

新サービスを展開しているんだとか。

例えば

週末、仕事を終えたら新幹線で

ふらりと温泉へ行けるような(東京駅から80分)

気楽で程よい存在。

例えば

地元の魚沼の食材に拘った

レストランがあり「旬を食べたい!」

そんな気持ちで訪れることができるそうです。

『越後湯澤HATAGO井仙』

住所:〒949-6101

新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢町大字湯沢2455

電話:025-784-3361

公式HP:http://hatago-isen.jp/

スポンサードリンク

井口智裕社長の拘り

井口智裕社長は多くの人たちの苦労と知恵が詰まっている地方こそが

日本の宝だと思っているそうです。

そんな地域の魅力を多くの人たちに伝え

次の世代の人たちにも地域の魅力を感じて

繋げていってもらいたいという信念があるそうです。

そんな情熱を持って

井口智裕社長は日本の様々な地域が

持続的に発展できるような魅力を持てるように

支援していく所存だそうです。

まとめ

井口智裕社長は地域を巻き込みながら

事業を推進させていくスーパー経営者でした。

そんな井口智裕社長には

日本の地域を持続的に発展できるように

活動されており今後どんなことを

してくれるのか楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする