イワシ缶で薄毛予防!?育毛効果は本当?嘘?発毛できる理由は?【名医の太鼓判】

スポンサーリンク

2月18日(月)放送の

【名医のTHE太鼓判】は

『白髪・薄毛★悩み解決★』

お笑いユニット・我が家の坪倉さんが

イワシ生活で薄毛改善を目指します!

薄毛・白髪といえば

日本人なら誰もが心配することの

1つではないでしょうか。

そんな悩みがイワシ缶で

解消されるとあらばこれは

乗っからない手はない!

果たしてイワシ缶に

薄毛対策の効果はあるのでしょうか??

今回は

イワシ缶と薄毛・白髪に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

薄毛に効くのはイワシのEPA?

イワシ缶が薄毛対策に効くと言われる所以は

青魚に含まれる脂肪です。

その脂肪にはEPAという血管を

しなやかにする成分が豊富に含まれています。

イワシは回遊魚と言われるように

長時間泳ぎ続けるためにたくさんの

エネルギーが脂肪に蓄えられています。

このイワシの豊富な脂肪に含まれている

EPAが髪にいいということです。

EPAの何が髪にいいの?

では具体的にイワシの脂肪に

豊富に含まれているEPAが

髪にどんな効果を与えるのかというと。

髪の毛は血管から

栄養を補っているそうです。

そのため中性脂肪やコレステロールが原因で

血流が悪いとこの髪の毛に必要な

栄養が毛根まで運ばれることなく

薄毛・抜け毛の原因に

繋がってしまいます。

イワシの脂肪に

豊富に含まれるEPAは

血中の余分な中性脂肪や

コレステロールを減らし

血液をサラサラにする

効果が期待でき髪の毛に

栄養がしっかり届くように

なるということです。

スポンサードリンク

EPAはどれだけ取ればいいの?

では1日にイワシをどれだけ

食べると薄毛に効果があるのか?

というのが気になるところですが

厚生労働省が推奨するのは1日あたり

イワシ1尾分です。

このイワシ1尾には

EPAが1,000mg含まれているそうです。

イワシ缶には

イワシ5尾分に相当する

EPAが含まれているということで

厚生労働省が推奨する量は十分に

摂取出来ることになります。

イワシ缶食べ過ぎによる注意点

血管をサラサラにして

髪の毛にいいとされるイワシ缶。

食べ過ぎには注意が必要だそうです。

EPAの摂取量について

欧州食品安全機関では

1日あたり5,000mg

アメリカでは

1日あたり3,000mg以内に

留めておくようにされています。

一応日本では

摂取量について

制限はないそうですが

イワシ缶は一日1缶が良さそうです。

スポンサードリンク

イワシ漁師に薄毛は少ない?

イワシを毎日食べている

イワシ漁師には薄毛が少ない

というデータがあるそうです。

とある番組が取材した

三重県鈴鹿市の白子漁港の漁師さんたちは

30人中26人が薄毛ではないということが

わかったんだそうです。

しかも

薄毛の人たちに関しても

詳しく話を聞くと

「イワシ嫌いなんだよね」

とコメントされていました。

驚くべきは

70代や80代のイワシ漁師さんたちも

薄毛ではなかったということ!

最高齢89歳(取材当時)の

イワシ漁師さんの血管年齢は

48歳という驚異的な数字を出したとか!?

まとめ

イワシ缶を食べ続けることで

薄毛対策になるのか?

という疑問については

イワシ漁師さんの話からも

イエスになりそうです。

さらには血液がサラサラになる

EPAが豊富に含まれているという

科学的証拠もあるため

”イワシ缶が髪の毛にいい”というのは

間違いないようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする