フリー外科医師が世界一受けたい授業に!金平永二先生のwiki経歴や評判は?病院はどこ?

スポンサーリンク

10月13日(土)放送の

【世界一受けたい授業】に

”日本初のフリー外科医”の

金平永二先生が出演されます!

番組では

リアルドクターXと紹介される

金平永二先生

果たしてどのような

人物なのでしょうか??

今回は

金平永二先生に

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

金平永二先生のwiki風プロフィール

出典:https://mamakachan.com/kanehiraeiji-doctorx-2011

名前:金平永二(かねひらえいじ)

生年月日:1960年

出身地:京都府

職業:外科医

病院:メディカルトピア草加病院

趣味:スノーボード、テニス

金平永二先生は

外科医ということで

分野は胆のうや

胃、大腸、膵、脾などと

幅広い消化器疾患の

内視鏡外科手術を手がけられております。

金平永二先生の

「医療の技術は愛情を伴って初めて真の力を発揮する」

という信念をお持ちで情熱をもって医療に従事されている

ということがわかります。

メディカルトピア草加病院の

公式ページにて

身体の組織破壊が最も小さい手術を可能にする内視鏡手術は、すばらしい治療選択肢です。全国屈指の執刀経験数の豊富さを生かしながらも、技術に溺れず、おひとりおひとりの病状にきめ細やかに合わせた手術を行いたいと思っています。セカンドオピニオンも承りますから、安心してご来院ください。

出典:http://www.mtopia.jp/gairai/staff/kanehira.html

とコメントしており

一人ひとりに寄り添っていることがわかります。

金平永二先生の経歴

ここでは

金平永二先生の気になる

経歴に迫ってみたいと思います。

1960年:京都府に生まれる

1978年:福井県立藤島高等学校 卒

1985年:金沢大学医学部 卒

医師国家試験 合格

金沢大学医学部第1外科 入局

1991年:ドイツTuebingen大学 留学(~1992年)

内視鏡外科手術 臨床

1992年:金沢大学医学部付属病院心肺総合外科 助手→講師(2002年)

2002年:フリー外科医 ウェブ上にバーチャル内視鏡外科研究所 ELK開設(~2005年)

2005年:四谷メディカルキューブ きずの小さな手術センター長 就任

2008年:上尾中央総合病院 外科診療訪問

AMG内視鏡外科アカデミー代表 就任

2012年:メディカルトピア草加病院院長 就任

金平永二先生は

現在はメディカルトピア草加病院の

院長をされている

”平成のブラックジャック”と呼ばれる

凄い方でした。

金平永二先生の内視鏡外科手術

内視鏡外科手術とは

お腹に5ミリ~2センチ程の

小さな穴を開けて

そこから内視鏡と

細い手術器具を入れて施術します。

一般的に

内視鏡外科手術のメリットとして

”傷が小さく、手術後の痛みが軽い”

というものがありますが

金平永二さんは更に

”胃腸が眠らない”ことが

需要なメリットとして挙げています。

内視鏡外科手術は

本当に小さい傷しか

つけないので胃や腸などの

内臓が空気に触れることなく

施術後の胃腸の回復が早くなるんだそうです。

そのため「内視鏡外科手術は身体への負担が軽い」

と言われています。

金平永二先生が

内視鏡外科手術に重きを置いているのは

そのような患者さんへの配慮から

来ているのかも知れませんね。

<金平永二先生の病院情報 次ページへ!>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする