粉引飯碗(こひきめしわん)は通販で購入できる?特徴は?【マツコの知らない世界】

スポンサーリンク

4月16日(火)放送の

【マツコの知らない世界】に

田辺玲子さんが出演されます!

田辺玲子が紹介するのは

『お茶碗の世界』

4月16日(火)放送の 【マツコの知らない世界】に 田辺玲子さんが出演されます! 田辺玲子が紹介するのは 『...

そこで紹介される

粉引飯碗(こひきめしわん)

出典:http://www.toumon.com/item/artist/minorugama/mhs019.html

大地を感じるゴツゴツした触感が魅力の

粉引飯碗(こひきめしわん)に

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

粉引飯碗(こひきめしわん)とは

粉引飯碗(こひきめしわん)とは

高麗茶碗と呼ばれる茶碗の一種で

少し歴史的な話になりますが

李朝初期~中期にかけて

全羅南道の長興、宝城、高興に

順天で焼かれていたとされています。

うーん中国の地理はさっぱり…

”粉引”という名前の由来は

白い粉が吹き出したように見えることに

由来するそうです。

鉄分の多い黒褐色と

砂混じりの淡褐色の素地に

白泥(泥状の磁土)をずぶ掛けし

高台裏を含む素地全面に

白化粧を施して

その上に薄く薄く透明釉を掛け

やや還元気味で焼き上げたもの

李朝では白磁が国王専用とされており

一般庶民には白磁の使用が禁止されていました。

そのため

白磁の代用として

誕生したのが粉引飯碗(こひきめしわん)だとされています。

そして

時代が移り変わり

一般庶民にも白磁の使用が

許されるようになるとともに

姿を消していったそうです。

粉引飯碗(こひきめしわん)には

中々に深い歴史がありました。

スポンサードリンク

粉引飯碗(こひきめしわん)の通販は?

ゴツゴツした見た目が特徴的な

粉引飯碗(こひきめしわん)

お一つ欲しいところです。

探してみたら結構在庫がなかったりして

実はレア物?だったりします。

記事執筆中に

まだ在庫が残っていたサイトがこちら

『とうもん』さん

http://www.toumon.com/item/artist/minorugama/mhs019.html

みのる窯 粉引飯碗(大)

価格:2,520円(税込み)

みのる窯 粉引飯碗(小)

価格:2,310円(税込み)

ちなみに実店舗もあります。

住所:〒761-0101

香川県高松市春日町682-3

電話:087-843-0474

営業:11:00~17:00

店休:不定休

香川県に行く機会があれば

足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

粉引飯碗(こひきめしわん)は

ゴツゴツした見た目から

なかなかおもしろいお茶碗だと言えます。

しかもただ

見た目がおもしろいという

だけでなく盛り付けたお米が

引っ付きにくくなるという

メリットがあるそうです!

これは粉引飯碗(こひきめしわん)

生活の一部にしてしまうのも

ありですね!

【マツコの知らない世界】で

お茶碗の魅力を伝える田辺玲子さんの

記事もありますのでよかったら立ち寄ってみて下さい▼

4月16日(火)放送の 【マツコの知らない世界】に 田辺玲子さんが出演されます! 田辺玲子が紹介するのは 『...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする