コムカデは5億年前の古代生物!?キョウトメクラヨコエビは6千年前のエビ!【水トク】

スポンサーリンク

1月30日(水)放送の

【水トク!】は

『立入禁止の向こう側!ココから先は人間NG』です!

なんでも

立入禁止の危険洞窟の中で

5億年前の古代生物がいるんだとか

その名も

『コムカデ』

”生きた化石”と呼ばれてるそうで

シーラカンスと同格!

そして番組で発見したのは

『キョウトメクラヨコエビ』

洞窟に居続けるものだから

目が完全に退化したエビで

6千年前のエビです。

スポンサードリンク

さて

これら超珍しい生物がいるのは

島根県の大根島という島

ここにある

鉄格子で閉鎖された

洞窟です。

この洞窟が何故危険なのか?というと

  • 真っ暗
  • 放線菌の巣窟

この放線菌が厄介で

放線菌症という病気にかかってしまいます。

症状は喉ちんこが真っ白になり

声が出なくなる・食べ物が食べれなくなる

というかなり危険な洞窟…

落盤の危険もあり

生物学者でもない限り

近づけない洞窟となっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする