熊谷和徳は世界レベル?タップダンスの実力と経歴は?【情熱大陸】

スポンサーリンク

(追記:6月16日【嵐にしやがれ】出演!)

世界で活躍するタップダンサー

熊谷和徳さんが3月18日(日)放送の【情熱大陸】で特集されます!

誰もがカッコいいと見惚れてしまうタップダンス

世界を魅了し2016年には

『今、世界で見るべきダンサー25人』

に選ばれるほどの実力を持つ熊谷和徳さんに迫ってみました!

スポンサードリンク

熊谷和徳のwiki風プロフィール

出典:http://edanza.jp/archives/506

名前  :熊谷 和徳(くまがい かずのり)

生年月日:1977年3月30日

出身地 :宮城県

職業  :タップダンサー

熊谷和徳さんがダンスに興味を持ったのは幼少の頃で

5歳のときに観たマイケルジャクソンのダンスに

惹かれたのがきっかけだったそうです。

そしてタップダンスの道へ進むきっかけとなったのは

15歳のときに観た映画『タップ』だそうです。

そこから19歳で単身渡米し20年間もの間パフォーマンスを

続けているのだからその情熱に脱帽してしまいます。

熊谷和徳の経歴

それでは熊谷和徳さんがタップダンスと歩んできた

人生を辿ってみたいと思います。

————————————————————————-

・タップダンスに出会う (15歳)

・単身アメリカへ (19歳)

「NOISE/FUNK」のオーディションに合格

NYの地下鉄、ストリートからJAZZ CLUBまで

独自の活動を広げる。

NYタップフェスに9年連続出演。

・『今、世界で見るべきダンサー25人』に選出 (2006年)

・アフリカ・ゼネガルやパリ、ドイツで活躍 (2007~2009年)

・女性歌手のカヒミ・カリィと結婚 (2009年)

・東京フィルハーモニー交響楽団と共演 (2010年)

・「K.K.QUINTET」を結成 (2011年)

・文化庁の助成受け拠点をニューヨークへ (2012年)

フローバート賞を受賞 (2014年)

・Bunkamura オーチャードホールにてソロ凱旋公開 (2014年)

・NYと日本を拠点に舞台とワークショップを開催 (現在)

————————————————————————-

なんとまぁ輝かしい経歴をお持ちなのでしょうか。

中でも凄いのが2014年に受賞したフローバート賞。

ニューヨークで毎年開催される「NATIONAL TAP DNNCE DAY」にて

受賞されたらしいのですが、これ実は日本人初らしいのです!

<熊谷和徳の世界レベルの実力は(動画あり)? 次ページへ!>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする