南谷真鈴の登山の実力の真相とは?トレーニング法は本物?【ズバッと聞きます】

スポンサーリンク

6月12日(水)放送の

【梅沢富美男のズバッと聞きます!】は

『世界が尊敬する日本人SP!』

南谷真鈴(みなみやまりん)さんが特集されます!

南谷真鈴さんは日本人最年少で世界7大陸最高峰を制覇したという人物。

7大陸最高峰登頂及び北極点、南極点登頂というのは

『エクスプローラーズ・グランドスラム』といい

冒険家ならば誰もが憧れる大偉業だそうですが

南谷真鈴さんはその大偉業を世界最年少の20歳112日で達成されたそうです。

はたしてその実力は本物なのか?

今回は大偉業を成し遂げた冒険家・南谷真鈴さんに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

南谷真鈴のwiki風プロフィール

出典:https://tuttataka.com/minamiyamarinn-tore-ninngu-250

名前:南谷真鈴(みなみや まりん)

生年月日:1996年12月20日

出身地:神奈川県川崎市

学歴:早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科

趣味:山岳活動、料理、スキー、マリンスポーツ

南谷真鈴さんは2015年のアコンカグアを皮切りに制覇し始め

  • キリマンジャロ(タンザニア)
  • モンブラン(フランス)
  • マナスル(ネパール)
  • コジオスコ(オーストラリア)
  • ヴィンソン・マシフ(南極大陸)
  • 南極点到達
  • カルステンツ・ピラミッド(インドネシア)
  • エルブルス(ロシア)
  • エベレスト(ネパール)
  • デナリ(アメリカ)

を制覇!

南谷真鈴さんは2016年5月23日にエベレストの登頂を達成していますが

実はこれ日本人最年少記録ということです。

前年の10月にはマナスルの登頂に成功。

これについても日本人最年少8000メートルと女性世界最年少を記録ということ。

すさまじい登山への執念…

さらにエベレストの登頂を達成した年の7月4日にデナリの登頂に成功し

世界七大陸最高峰制覇を達成します。

この時点で世界七大陸最高峰日本人最年少登頂記録を更新。

翌年2017年4月13日には北極点到達に成功。

『エクスプローラーズ・グランドスラム』を達成。

怒涛の登山歴!

南谷真鈴さんがこれまで達成されてきた記録はこちら

日本人最年少8000m峰登頂
女性世界最年少マナスル登頂
日本人最年少エベレスト登頂
アジア人最年少7大陸最高峰登頂(セブンサミッツ)
エクスプローラーズ・グランドスラム達成世界最年少記録樹立
ギネスワールドレコーズ記録樹立(七大陸最高峰を登頂し両極点にスキーで到達した最年少記録)

出典:http://marinminamiya.com/

スポンサードリンク

南谷真鈴の登山の実力について

南谷真鈴さんは世界7大陸最高峰日本人最年少登頂記録保持者として

『世界が尊敬する日本人100』に選出されていますが

その登山の実力を疑問視する声も上がっています。

どういうことかというと

南谷真鈴さんの記録対象となった山はすべてガイドに連れられて

フルサポートを受けて登っていたといいます。

つまり登山に莫大なお金をつぎ込んで入念に準備をしていたということ。

世間では技術的難易度が高いからスゴイことを達成した!

と思われていますが南谷真鈴さんの実力ではなく

”お金の力で記録を作った”という意見です。

『エクスプローラーズ・グランドスラム』の条件である

北極点・南極点への到達についても

極地ツアーに参加しただけで南谷真鈴さんの実力ではないといいます。

詳しくは下記サイト参照。

https://otk-challenge.com/amazing-adventurers02

スポンサードリンク

南谷真鈴のトレーニング方法

南谷真鈴さんの記録はお金の力ではないか?

ということですがやはり登山には体力は必要で

南谷真鈴さんも相当なトレーニングをされていたようです。

  • 約30㎏のリュックサックを背負ってのランニング(筋力・心肺機能)
  • ダンベルスクワットなどのウェイトトレーニング(大腿部など)
  • 8,000メートル峰での高所トレーニング(体力・持久力)
  • スキーやクライミングテクニック
  • クロスフィット

上記トレーニングを南谷真鈴さんは高校生のころから行っていたと言います。

しかも週に5日!

これらのトレーニングをしてきたことから

やはり南谷真鈴さんの登山の実力は本物ではないかと思います。

ちなみにクロスフィットというのは

カルフォルニア発祥のトレーニングで

日常動作を高強度で行うんだそうです。

  • 「歩く」
  • 「走る」
  • 「起き上がる」
  • 「拾う」
  • 「持ち上げる」
  • 「押す」
  • 「引く」
  • 「跳ぶ」

といった動作をベースに考えられた1回40~60分のトレーニングで

底力を上げることができるんだとか。

スポンサードリンク

まとめ

南谷真鈴さんは日本人最年少で

『エクスプローラーズ・グランドスラム』を達成したスゴイ人

その実力に疑問点もあったりしますが

凡人からすれば並大抵の精神力ではないなというのが正直なところです。

南谷真鈴さんにはこれからも

じゃんじゃん登頂してもらって記録を更新していってもらいたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする