セブンイレブンの社長交代の理由は?新社長は永松文彦!

スポンサーリンク

コンビニエンスストアの

最大手であるセブンイレブン

4月3日(水)に

古屋一樹社長(69)が辞任されたことが発表されました。

そして

永松文彦副社長(62)が

昇格して新社長になられるそうです。

古屋一樹元社長は

代表権のない会長職に

就任されるそうです。

スポンサードリンク

社長交代の理由は体制刷新?

今回の社長交代劇

そこには昨今話題に挙がっている

セブンイレブンの24時間見直しの件が

絡んでいるとかいないとか…

セブンイレブンの一部加盟店が

人手不足を理由に24時間営業の

見直しを求めてセブンイレブンの

本社と対立している状況で

混乱の最中にいるそうで

体制の刷新を図るとみられています。

実は今回新社長になる永松社長は

24時間営業問題が発生した時期

3月に副社長に昇格したばかりだったそうで

異例の人事になるそうです。

3月に

副社長になって

4月に

社長とは…

ちなみに

古屋元社長はセブンイレブンの

24時間営業の見直しに

慎重な立場だったそうです。

24時間営業を巡る争いは

今なお本部と加盟店で

メラメラ燃えているとのこと。

今回の

社長交代劇で

24時間営業体制の

見直しが進むことが

期待されます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする