林修が会いたい工藤勇一校長先生って誰?教育改革の内容は?【初耳学】

スポンサーリンク

4月14日(日)放送の

【初耳学】に

千代田区立麹町中学校の校長

工藤勇一先生が登場されました!

工藤勇一先生は

公立中学校の大胆な改革を進められている校長で

  • 宿題廃止
  • 定期テスト廃止
  • クラス担任廃止

というまさかと思われることを

やってのけています。

果たして

工藤勇一先生とは

どのような人なのでしょうか

スポンサードリンク

工藤勇一先生のwiki風プロフィール

名前:工藤勇一

年齢:59歳(2019年4月14日現在)

職業:校長先生

学校:千代田区立麹町中学校

工藤勇一先生は30代で

校長を目指し教育委員会に入ります。

そして

2014年から麹町中学校の

校長先生に就任されました。

それからは

どんどん大胆な教育改革を

推し進めていきます。

スポンサードリンク

工藤勇一先生の教育改革

ここでは工藤勇一先生が

実際に行ってきた改革と

その理由に迫ってみたいと思います。

宿題廃止

工藤勇一先生ははっきりと

「宿題なんて意味ない」

と断言します。

自分の人生を自分で考えられるような

年頃の中学生

「同じ漢字・英単語を何十回も書いてきなさい」

といった宿題は”修行”でしかない

宿題は膨大なので

子どもは

”どうやってこなすか”

だけ考えるようになり

質のことなんて気にしなくなります。

ということで

宿題本来の目的である

”単元の理解を深める”

意味を失った宿題は廃止にするべきだ

というのが工藤勇一先生の考えです。

スポンサードリンク

定期テストの廃止

工藤勇一先生が定期テストを廃止した理由は

”学力を伸ばすため”だそうです。

え、定期テスト無くしたら学力って伸びるの?

とにわかには信じがたいですが

定期テスト廃止後の成績を見てみると

数学が苦手だった生徒の成績がアップして

全体の学力が底上げされたんだそうです!

子供自身が「勉強したい」と

思うかどうかが大事だと考える

工藤勇一先生は

”単元テスト”というテストを導入しました。

単元の終わりに

行う小テストのことで

ポイントは再チャレンジ可能というところ!

つまり

学生の自主性を養うことができるといいます。

勉強はやらされているうちは伸びない

担任廃止

工藤勇一先生が担任を廃止して

代わりに設けたのが

学年の全教員で学年の全生徒を見る

”全員担任制”

イメージは

ある問題がおきたら

その問題に最も適している

先生に対応してもらう

という適材適所制度です。

成果として

クラス間の比較が無くなったそうです。

例えば担任が一人だった場合

問題があるクラスでは

「あの担任のせいだ」

となってしまい生徒が自己完結

人のせいにしてしまうんだそうです。

そうならないためには

全ての大人が当事者

という意識が大切なんだとか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする