京大カレー部の裏技とは?脳が一番おいしく感じるカレーレシピ公開!【レディース有吉】

スポンサーリンク

6月25日(火)放送の

【レディース有吉】にて京都大学のサークル

京大カレー部が特集されました!

6月25日(火)放送の 【レディース有吉】で京都大学カレー部が特集されます! なんでも京大カレー部では論理的にカレーの ...

これまで300種類以上のカレーを生み出してきた

京大カレー部が教えてくれた

裏技を振り返ってみたいと思います。

スポンサードリンク

超コクまろカレー

まずはホテルに出てくるような

高級感が味わえる超コクまろカレー!

カレーに香りとまろやかさを出すために加えるのは

紅茶とバター

紅茶の香り成分である

グラニオールを利用し

バターのまろやかさが紅茶の

香りを引き立てます。

激ウマカレー

次に今流行りのあるもので

頭がよくなる?激ウマカレー!

使うのは

鯖缶とすったリンゴ

脳の神経細胞を活性化するDHAが豊富な鯖缶と

その吸収を助けるのがりんごにしか含まれていない

りんごポリフェノール

2日目カレー

最後は1日おかなくてもOK

すぐに作れる2日目カレー!

カレーと言えば2日目が美味しいというのが定説ですが

その2日目のカレーをすぐに作ってしまおうというのが

京大カレー部!

冷やすことで一晩寝かせた環境を再現

  • ジッパー付きの袋にカレーを入れる
  • 流水で3時間冷やす
  • 食べるときに再加熱

ジッパーに入れるのは

熱伝導率が高く早く冷えるためだとか。

さすが京大…

スポンサードリンク

脳が一番おいしく感じるカレー

京大カレー部のメンバーが考えた

脳が一番美味しいと感じるカレーメニューです。

①多めの油にシナモン・黒コショウを入れる

シナモンの甘い香りとコショウのピリッとした香りを混ぜ合わせるのが初歩。

②紫玉ねぎを入れる

玉ねぎはあらかじめみじん切りにして冷凍保存しておく。

そうすることで玉ねぎの細胞が壊れ甘味成分が効率よくでるんだとか。

③重曹を入れる

重曹を入れると玉ねぎが焦げるメイラード反応が早く進む。

④炒めるときはなるべく動かさない

⑤ホールトマトを入れ水分が飛ぶまで炒める

⑥スパイスを入れる

チリペッパー、ターメリック、クミン、コリアンダーを1:2:3:4の比率で。

⑦牛すじ肉を入れる

みりんと醤油で味付け。

⑧ごぼうを入れる

やわらかい牛すじと硬めのごぼうのバランス。

⑨和風ダシを入れる

これで脳が一番美味しいと感じるカレーが出来上がります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする