ヒラズゲンセイに触ると症状が!?赤いクワガタの特徴に生息域や対策は?

スポンサーリンク

”赤いクワガタ”ことヒラズゲンセイが話題になっています。

なんでもこの赤いクワガタといわれる

ヒラズゲンセイは触ると水ぶくれなどの症状を引き起こす

危険な昆虫として知られています。

専門家も見つけても触らないようにと

呼びかけているそうです。

スポンサードリンク

ヒラズゲンセイの特徴

ヒラズゲンセイはツチハンミョウの一種で体長は約2,3㎝

身体は真っ赤でクワガタのような大きい顎が特徴です。

赤いクワガタというくらいだから

クワガタムシの仲間かなと思ったら

全然違う昆虫でしたね。

クマバチに寄生してクマバチが好む

桜や巣を作る古い木造家屋などで見られるそうです。

ヒラズゲンセイの成虫の発生期は主に6月上旬から7月中旬の短い期間です。

ヒラズゲンセイを触った時の症状

ヒラズゲンセイは黄色い体液(カンタリジン)を

脚や関節から出しそれが人体の柔らかい部分に付着すると

被れや水ぶくれを引き起こします。

もし水ぶくれができそれが潰れて

剥げたようになり広いかさぶたとなり

半年ほど跡が残ることもあるそうです。

ヒラズゲンセイの生息域と対策

ヒラズゲンセイの現在の生息北限は

京都府南丹市や滋賀県近江八幡市と考えられています。

ヒラズゲンセイは西日本ではどこでも

出現する可能性があるそうです。

ヒラズゲンセイへの対策としてできることは

  • クマバチの巣などを見かけた場合には近づかない
  • 見つけても不用意に触らない

これを徹底することが大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする