高野虎市(チャップリンの運転手)が暗殺を阻止!?【何だコレミステリー】

スポンサーリンク

7月31日(水)放送の

【世界の何だコレ!?ミステリー】は

20世紀を代表する喜劇王のチャールズ・チャップリンを

献身的に支え絶大な信頼を得ていたという

高野虎市(こうのとらいち)さんが特集されます!

高野虎市さんはチャップリンの運転手を務めていましたが

それだけではなく経理、護衛、秘書など

様々な仕事をこなしていたそうです。

チャールズ・チャップリンは親日家としても知られていますが

それは高野虎市さんの功績が大きいと言っても

過言ではないようです。

今回は喜劇王チャップリンを

陰から支えた高野虎市さんに

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

高野虎市のwiki風プロフィール

出典:http://www.tokyoartbeat.com/tablog/entries.ja/2007/12/chaplin.html

名前:高野虎市(こうのとらいち)

生年月日:1885年

享年:1971年

出身地:広島県

高野虎市さんが生まれたのは広島県の裕福な家庭で

15歳の時に移民としてアメリカに渡ったんだそうです。

雑貨店などで働きながら現地の学校に通い

しばらくしてチャップリンが運転手の募集をしていたため

応募したところ縁あって採用されることになりました。

献身的な高野虎市さんは

チャップリンから絶大な信頼を得て

運転手のみならず秘書としても

働くようになります。

1934年までチャップリンの元で

秘書として活躍されていましたが

あることが原因でチャップリンの元を

離れることになります。

それはチャップリンの当時の妻の

浪費癖を指摘したところ妻がこれに激怒。

高野虎市さんを取るか妻を取るか

という話になったところ

高野虎市さんは自ら身を引く決断をします。

スポンサードリンク

高野虎市がチャップリン暗殺を阻止!?

高野虎市さんが献身的に働いたことを受け

親日家になっていったチャップリンは

日本に興味を持ち始め来日することになります。

チャップリンは日本で大歓迎を受けますが

翌日に五・一五事件が起きて

「世界的に有名なチャップリンを暗殺すればアメリカと戦争できる」

と考えた青年将校たちによって暗殺計画が練られます。

その動きを察知した高野虎市さんは

チャップリンが無事に日本を見学できるように

スケジュールを綿密に立てたそうです。

さらにはチャップリン暗殺を企む者たちの心証を良くしようと

チャップリンに皇居前で一礼するようお願いしたそうです。

その甲斐あってチャップリンは無事に日本を見学出来て

「日本の様に美しい国はない」

と言ってもらうことができたのでした。

こうして高野虎市はチャップリン暗殺計画を

阻止することに成功したわけですが

チャップリンがもしかしたら

日本で暗殺されていたかもしれないと思うと

ゾッとしますね…。

スポンサードリンク

まとめ

高野虎市さんはチャップリンの運転手という

務めだけでなく秘書などの重要な

役割も担っていたということがわかりました。

喜劇王を支えていた日本人がいた

という事実を知ることができて

ちょっとうれしくなる今日この頃です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする