令和は英語でBeautiful Harmony?!何故?理由は?

スポンサーリンク

平成の時代が終わり

令和がやってきて世間が

浮足立っておりますが

この『令和』を外国政府に

説明する際に外務省は

「Beautiful Harmony」

という訳し方をしたそうです。

一体どのような

趣旨があるのでしょうか??

スポンサードリンク

令和=Beautiful Harmony?

今回外務省が

令和の説明に使った英語

「Beautiful Harmony」ですが

直訳すると

Beautiful Harmony=美しい調和

今回わざわざこのような訳し方をした趣旨について

外国メディアが「令」=「order(命令)」などと

訳していることを受けての措置なんだそうです。

外務省の担当者は

「令和の意味を正確に訳すのは難しいが、全く異なる解釈をされるのを避けるため、趣旨を伝えることにした」

と述べています。

また

外務省の中では

「令」という言葉には

法律などの意味で使われることもあることから

『令和』=『法の下の平和』

と解釈できるため日本の外交姿勢に

ぴったりなのではないか?

という声も上がっているそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする