重松健(駒場東邦高校)の現在は建築家!日本の施設もデザイン?【あいつ今なにしてる】

スポンサーリンク

4月10日(水)放送の

【あいつ今なにしてる?】にて

都内屈指の名門進学校・駒場東邦高校にて

その天才ぶりで教師たちを驚愕させた

重松健さんが特集されました!

重松健さんは

物理の天才だったそうで

質問の内容はもはや大学レベルだったとか!?

さらに

早稲田大学理工学部の物理学科への

推薦を提案された重松健さんは

「凄く興味深いが他にもやりたいことがある」

と早稲田大学の推薦を蹴ったんだとか!

これはかっこいい…

そんな物理の天才

重松健さんは今超巨大なプロジェクト

携わっているのだとか

スポンサードリンク

重松健の現在

駒場東邦高校で教師たちを

驚愕させた重松健さんは

現在アメリカ・ニューヨークにいました。

ニューヨークの一角にオフィスを構える会社に務めていました。

重松健さんが働いているのは

どんな会社かというと

まず従業員の国籍が様々です。

ワールドワイドです。

そして

3Dプリンターを配備

そんなオフィスを持つ会社の名前は

『ラグアルダ・ロウ・アーキテクツ』

アメリカ・ヨーロッパ・アジア・南米

など世界30カ国以上の建築物に携わる

建築設計事務所です。

人々が集う場所やライフスタイルをデザイン

都市計画から建築設計まで

幅広く手がけているんだとか。

なるほど

多国籍な従業員が

いる理由がわかりました!

世界中から50人ほどの

敏腕建築デザイナーが所属しているんです。

重松健さんは

そんな会社の共同経営者!

そんな建築設計事務所で

重松健さんはどうやら

700億円規模の巨大プロジェクト

任せられているんだそうです!

その700億円の巨大プロジェクトというのが

『CCT Bay』という中国の施設

なんとデザインだけで

4年間を費やした超巨大プロジェクトです!

そんなプロジェクトを

成し遂げた重松健さんは

実は日本の施設のデザインも

手がけていました!

スポンサードリンク

重松健がデザインした日本の施設は?

世界的な建築設計家の

重松健さんが日本の施設

それは

2006年オープンの

アーバンドック ららぽーと豊洲(約750億円)

2010年オープン

たまプラーザテラス

2014年オープン

イオンモール名古屋茶屋

そして

只今建築中なのが

2019年完成予定の

南町田グランベリーパーク(東京ドーム5個分)

さらにさらに

東京の未来が変わる!?

と言われるビッグプロジェクトを構想中なんだとか

スポンサードリンク

それは

ハイライン

出典:https://inspiring-dots.hatenablog.com/entry/2018/08/14/123452

ハイラインとは

廃線になった線路を公園に変えて

観光地化すること

マンハッタンでは年間400万人が訪れる

人気スポットになっているんだとか。

そんなハイラインを

東京で実現しよう!というのが

重松健さんの提案なんです!

重松健さんが構想する

ハイラインは『東京G-LINE』というもので

廃線に数多くの植物とモダンなデザインで

爽やかな感じに!

重松健さんさんの

構想が実現する日が

待ち遠しいです!

重松健さんと

同じく【あいつ今なにしてる?】で

特集された奇才矢島里佳さんの記事もあります▼

4月10日(水)放送の 【あいつ今なにしてる?】にて 千葉県の名門私立 専修大学松戸中学校・高等学校の 奇才・矢島里...

また天才”祥子さん”の

記事もありますのでよかったら立ち寄ってみて下さい▼

4月10日(水)放送の 【あいつ今なにしてる】に 祥子さんこと 高橋祥子さんが特集されます! 何でも高橋祥子...

ちなみに

ブルゾンちえみさんが絶賛する

陸上選手の記事はこちら▼

4月10日(水)放送の 【あいつ今なにしてる?】にて ブルゾンちえみさんが 中学生の頃から 「あの子イケメンやなぁ」...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする