しみ抜きの神様の技術がすごい!?溶液の材料は日用品?【ざわつく金曜日】

スポンサーリンク

5月17日(金)放送の

【ざわつく金曜日】にて

しみ抜きの神様の技が光りました!

「取れないしみはない」
と言い切ってしまうしみ抜きの神様こと

高橋勤さん

番組冒頭では特殊な溶液で

着物のしみを抜いていましたが

結構日常的なものでも

しみは落とせるようです。

スポンサードリンク

しみ抜きの神様の技まとめ

では番組で紹介された

しみ抜きの神様の技を

おさらいしていきたいと思います。

カレーのしみ

白いワイシャツなどにカレーのしみが…!

という状況は以外にも大きかと思います。

そんなときにも

石鹸・オキシドール・アンモニア水で

しみ抜きができるそうです。

※アンモニア水の取扱には注意が必要です。

石鹸以外はどうやったら手に入るんだろう?

というレベルですがホームセンターとかドラッグストアとかを

探せばありそうですね。

上記を混ぜた溶液をしみ部分に浸透させ

きゅうりでこする

…!?

きゅうりでこするとは予想外

実はきゅうりには

ホスホリパーゼという酵素があり

それが脂質を分解するんだそうです。

最後の仕上げは大根

大根にはアミラーゼという酵素が含まれており

汚れをしっかり落としてくれるんだとか。

スポンサードリンク

ボールペンのしみ

お次はこれも頻度が高そうな

ボールペンのしみ

使うのは

ホワイトリカー(甲類焼酎)・穀物酢・中性洗剤

まずはホワイトリカーと穀物酢を1:1の割合で混ぜます。

その溶液をしみに付け歯ブラシなどでこすります。

アルコールには油性・水性両方の

しみを落とす効果があるんだとか。

最後に中性洗剤で

水洗いをすると終了。

ボールペンのしみは綺麗になくなってしまいます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする