鈴木好次先生(味噌汁)の経歴や本は?CMやテレビの出演情報は?【プレバト】

スポンサーリンク

2月28日(木)放送の【プレバト】に

鈴木好次(すずきよしつぐ)先生が

出演されます!

鈴木好次先生は『割烹すずき』の

料理人でミシュラン一つ星を

獲得されています!

今回はそんな

ミシュラン一つ星の

『割烹すずき』の料理人

鈴木好次先生に

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

鈴木好次先生のwiki風プロフィール

出典:https://ayanotion.com/suzukiyoshitugu-kappousuzuki-2629

名前:鈴木好次(すずきよしつぐ)

生年月日:1953年11月22日

出身地:福島県

職業:料理人

鈴木好次先生は御年65歳(2019年2月現在)の

大ベテラン!

鈴木好次先生が料理の世界に

足を踏み入れたのは15歳の時で

福島から上京し寿司屋に

奉公に入ったんだそうです。

そこでの生活はかなり厳しいものだったそうで

鈴木好次先生は休む日間もなく

奉公に明け暮れる毎日でした。

しかし

そこでの経験が

鈴木好次先生を

料理人へ目覚めさせるのでした。

奉公に入って5年目の

20歳の頃

寿司職人を目指して

銀座や自由が丘の

寿司屋で本格的な修行を

行っていきます。

銀座と自由が丘の2箇所の

寿司屋で修行すること

およそ11年!

29歳のときに

鈴木好次先生は

料理人として独立を果たします。

鈴木好次先生の割烹料理人への道

鈴木好次先生は元々は

寿司職人ということもあり

独立後は学芸大学に居酒屋を

開店させます。

居酒屋を経営するうちに

料理への関心が増していき

なんと独学で様々な料理を

学んでいきます。

そして

たどり着いたのが

割烹料亭という選択肢

鈴木好次先生は

居酒屋を2年間経営した後

店名を『割烹すずき』と改名します。

こうして

鈴木好次先生の

『割烹すずき』は誕生したのでした。

鈴木好次先生は本を出版してる?

鈴木好次先生は

これまで2冊ほど

本を出版しております。

『おけいこ大好き和食の12か月』

おけいこ大好き和食の12か月

出版日:2001年10月

出版社:文化出版局

ボリューム:単行本95ページ

内容:割烹の主人が教える、四季それぞれの和食。

弥生の「はまぐり時雨煮の揚げ物」から、

如月の「かに雑炊」まで、12ケ月に分けたメニューを紹介。

『江戸のうまみ「煎り酒」料理帖』

江戸のうまみ「煎り酒」料理帖 (TJMOOK)

出版日:2017年3月

出版社:宝島社

ボリューム:大型本79ページ

内容:室町時代から料理の味つけ用として、江戸時代中期まで醤油のように

使用されていた「煎り酒」を使ったレシピ本。

日本酒の中に梅干を入れて煮切り、昆布もしくは鰹節の出汁を

加えるだけのあっさりとした淡白な味わいが特徴。

最近、「何にでも合う」「洋食とも相性がいい」と

万能調味料として注目を集めています。また「減塩効果」も

あるので健康志向の方にピッタリ。

スポンサードリンク

鈴木好次先生のCMやテレビ

鈴木好次先生は今回【プレバト】に初出演!

今の所はこれ以上の情報がないため

もしかしたらメディア自体初かもしれませんね!

まとめ

鈴木好次先生は元々は

寿司職人として奉公に出向き

そこでの苦労をバネにして

独立を果たした料理人でした。

そんな鈴木好次先生を

唸らせる味噌汁は出てくるのか

【プレバト】の放送が楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする