高橋博之のwiki経歴!食べる通信の編集長は講演の料金は?【カンブリア宮殿】

スポンサーリンク

2月14日(木)放送の

【カンブリア宮殿】は

『旬の食材が付録!驚きの情報誌「食べる通信」の全貌』

ということで

日本食べる通信リーグ代表理事の

高橋博之さんが出演されます!

日本食べる通信リーグといえば

旬の食材が付録という

これまでになかった情報誌ですが

読者はこれまでに1万人を突破しているんだとか!?

今回は

そんな勢いに乗っている情報誌

日本食べる通信リーグ編集長の

高橋博之さんに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

高橋博之のwiki風プロフィール

日本食べる通信リーグ 代表理事 高橋博之 写真

出典:https://taberu.me/corporate

名前:高橋博之(たかはしひろゆき)

生年月日:1974年

出身地:岩手県

学歴:青山学院大学経済学部 卒

職業:日本食べる通信リーグ代表理事、東北食べる通信編集長、ポケットマルシェCEO

職業が多いですね高橋博之さん

実は1999年には衆議院議員の秘書もされていたそうです。

その後は

NPO法人 東北開墾代表理事も務め

日本食べる通信リーグ代表理事

株式会社kakaxi代表取締役社長CEO

Nippon Taberu TIMES編集長

といった数多くの経歴を持っています。

高橋博之さんは東京での暮らしを

受動的であると感じ故郷の

岩手県に戻ります。

「これからは、農山漁村にこそ、希望の種をまいていかなければならない!」

という思いから第一次産業へと舵をきったそうです。

第一次産業に踏み切った高橋博之さん

ここであることに気が付きます。

それは

”生産者と消費者の距離”

その距離こそなんとかしなければならないと

感じた高橋博之さんは

『食べる通信』の編集長となります。

食べる通信とは

情報誌『食べる通信』は

食材のつくり手を特集し

その食材をセットにして

定期的に届きます。

この『食べる通信』で

ピックアップされる生産者は

地域に密着したクリエイターが

選出した”人柄”や”生き方”に

魅力のある方たちです。

そのスタンスから

『食べる通信』では毎回

個性あふれる内容となっています。

スポンサードリンク

高橋博之の講演は?

高橋博之さんもしくはスタッフさんに

講演を依頼することが出来るようです。

高橋博之さんに講演いただくには

30万円+旅費交通費が必要とのこと。

また、個人的に話を聞きたい

という方もいらっしゃるかと思いますが

その場合には高橋博之さんが出席する

イベントへ足を運ぶ必要がありそうです。

詳しくは下記公式サイトをチェックしてみてください▼

https://tohokutaberu.me/faq.html#g-q2

まとめ

これまでにない情報誌を

提供している高橋博之さん

第一次産業という

人口が減り続けている

しかし無くてはならない産業を

なんとかするために日々奮闘する

素晴らしい方でした。

【カンブリア宮殿】では

どのようなお話が聞けるのか

放送が楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする