HACHI(映画)のあらすじ!遠野なぎこが泣きすぎ!?【水ダウ】

スポンサーリンク

1月30日(水)放送の

【水曜日のダウンタウン】は

『1時間に1回泣かないといけない24時間生活』

このかなりきつそうな

企画に女優・遠野なぎこさんが

挑み見事に達成されました。

そんな遠野なぎこさんを

24時間泣かせたのは

映画【HACHI~約束の犬~】

日本映画【ハチ公物語】の

リメイク作品で2009年公開の

アメリカ映画です。

スポンサードリンク

気になるあらすじは

アメリカ東海岸の郊外にあるベッドリッジ駅。大学教授のパーカーは、その駅舎で迷子になっていた秋田犬の仔犬を保護して家に連れ帰る。以前に飼っていた犬を亡くした悲しみがまだ癒えない妻の反対を押し切って、仔犬を飼うことを決めたパーカー。着けていた首輪に漢字の「八」が刻印されていたことから、仔犬は「ハチ」と命名される。

パーカーの愛情を受けてすくすくと育ったハチは、毎朝彼を駅まで見送り、午後5時になると迎えに行くのが習慣になり、周囲の人々もそれを微笑ましく見守っていた。しかし、幸せな日々は突然の悲劇によって終わりを迎える。

忠犬ハチ公は誰もが知っていますが

そのハチ公の物語となると

意外と知らない人が多いのではないかと思います。

これを機会に

忠犬ハチ公の物語を

見てみるのもいいかも知れませんね。

むしろ

今回の放送を機に

忠犬ハチ公が全国の

レンタルショップから

在庫切れ状態になる可能性もありますね。

気になる方は

今すぐにレンタルショップへGO!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする