上原隆明(上原浩治の兄)の現在の仕事は北川ヒューテックの社長!【消えた天才】

スポンサーリンク

5月19日(日)放送の

【消えた天才】は『実の兄弟SP』

上原浩治さんの兄である

上原隆明さんが紹介されます!

小さい頃はなんと

上原浩治さんより

野球の才能ありとして

注目されていましたが

中学校で野球を辞めてしまいます。

果たして兄弟の人生を分けたのは

どのような理由があるのでしょうか?

スポンサードリンク

上原隆明が野球を辞めた理由は?

上原隆明さんと上原浩治さんが育ったのは

大阪府寝屋川市の約23万人が暮らす

ベッドタウンです。

近くの広い公園で

兄弟で野球の練習をされていたそうです。

上原隆明さんの夢は

プロ野球選手だったそうです。

軟式野球の投手だった小学6年生のこと

レベルの高いところでやりたいという思いから

軟式→硬式に移ったんだそうです。

ちなみに小学6年生の硬式野球への移籍は

異例のことだそうで実はこの移籍が

上原隆明さんが野球を辞めた理由になってくるんだとか…

硬式野球に切り替えたところ

ボールの重さが10g重くなりました。

この10g差が大きいらしく

上原隆明さんは肘を壊してしまうことになり

野球からは身を引く結果となりました。

スポンサードリンク

上原隆明の現在は?

現在の上原隆明さんは45歳で

身長はなんと上原浩治さんより高い

190cm!

仕事は北川ヒューテックの社長!

道路や建物を建てる会社だそうです。

売上高は約170億円で

従業員数は350人!

上原浩治さんの兄

上原隆明さんは

立派な社長さんでした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする