植松努(植松電機社長)の経歴に講演会は?リアル下町ロケット!【宇宙プロジェクト2019】

スポンサーリンク

3月13日(水)放送の

【宇宙プロジェクト2019】に

植松電機が登場します!

なんでも

植松電機は北海道の

リアル下町ロケットと言われるほどの

企業でロケットに力を入れているそうです。

そんな植松電機の

社長である植松努さんも

個性豊かな方でした!

スポンサードリンク

植松努のwiki風プロフィール

出典:https://ameblo.jp/nyg1t10/

名前:植松努(うえまつつとむ)

生年月日:1966年

出身地:北海道

職業:技術者、実業家

学歴:北見工業大学工学部応用機械工学科 卒

植松努さんは

1989年に北見工業大学工学部応用機械工学科を卒業後

菱友計算に入社されました。

1994年に退社し

植松電機に入社。

1999年には

植松電機の専務取締役に

就任し業績向上に貢献。

2005年には

人間力大賞グランプリを

受賞されます。

人間力大賞…

なんだかすごそうな

賞があるんですね。

2006年に

カムイスペースワークスを

設立して代表取締役社長となります。

そして

2016年には

植松電機の代表取締役社長に

就任され、さらには

NPO法人北海道宇宙化学技術創成センターの

理事も兼職されるようになります。

この経歴…えげつない

スポンサードリンク

植松努の講演がスゴイ!?

植松電機社長の植松努さんの

講演会がとても心に響くとして

話題になっています。

植松電機の公式サイトでは

「どうせ無理」という言葉は、人の可能性を奪います。興味を持たなくなり、やる前に諦め、考えなくなってしまいます。
「だったらこうしてみたら?」という言葉は、人の可能性を広げます。やったことが無いことに挑戦し、あきらめず、より良くを求めるようになります。
植松電機は自らが思い描き挑戦していくことと、宇宙開発を通して子供達に夢を持つ勇気と自信を持ってもらうことで、人の可能性が奪われない、より良くを求める社会を目指します。

というメッセージが書かれており

それが実現できたらなんて素敵だろうと

思わせてくれます。

そんな植松努さんの

講演会については

時間:90~120分(小学生への講演会は60分もあり)

準備:プロジェクター、スクリーン、パソコンが接続できるスピーカー

申込:完全予約制

予約は1年前からOK

料金:植松電機稼働日の講演会…70万円

休業日の場合…100万円

まとめ

植松電機の社長である

植松努さんは数々の

会社を渡り歩いてきた。

経営してきた経歴があり

その方の講演会はきっと

人生の役に立つんだろうなと

思います。

また、リアル下町ロケットと言われる

植松電機のエピソードは

番組で紹介されるのでしょうから

放送が楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする