八木隆裕 (開化堂の6代目社長)のwiki経歴!学歴や年収は?【カンブリア宮殿】

スポンサーリンク

4月18日(木)放送の

【カンブリア宮殿】に

開化堂の社長・八木隆裕さんが

出演されます!

開化堂は1875年創業の

茶筒の老舗で八木隆裕さんは

そこの6代目です。

今回は歴史ある

開化堂を世界に広めた

敏腕社長・八木隆裕さんに

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

八木隆裕のwiki風プロフィール

出典:https://www.fashion-headline.com/article/14937/156853

名前:八木隆裕(やぎ たかひろ)

生年月日:1974年

出身地:京都府

学歴:京都産業大学外国語学部英米語学科 卒

趣味:カーレース、スケボー

職業:社長

会社:開化堂

八木隆裕さんは開化堂の6代目として

日々奮闘されていますが

大学では外国語を学ばれていたようです。

これは

英語が活かせる仕事に

付きたかったのか

それとも家業をグローバル化の

波に乗せようとしたのか

後者だとしたら八木隆裕さんは

かなりのやり手ですね…

ただ

八木隆裕さんが社長に

就任されてから開化堂は

海外進出しているみたいなので

あながち外れてはないのかもしれません。

と思っていたら

八木隆裕さんは家業の

開化堂を継ぐ前に

京都ハンディクラフトセンターで

海外の観光客相手に日本の

工芸品を販売していたという情報が…!

英語を活かす仕事がしたかった説が有力になりました。

ただ

家業である開化堂の6代目になってからも

接客業で鍛えたコミュニケーション能力を

駆使して外国人相手にも茶筒を

売りまくり!

順調な人生を歩んでいるご様子

スポンサードリンク

八木隆裕が6代目の開化堂とは

開化堂は創業140年の歴史を誇る

茶筒の老舗で職人は6人の少数精鋭!

出典:http://www.ricordi-sfera.com/

そんな少数精鋭の職人たちが作る

茶筒は

”100年以上残る仕事”

と評価されています。

そんな開化堂があるのは

住所:〒600-8127

京都府京都市下京区梅湊町 河原町六条東入

電話:075-351-5788

営業:9:00~18:00

定休:日・祝

スポンサードリンク

八木隆裕の年収は?

気になる開化堂6代目

八木隆裕さんの年収

情報が公開されていないため

あくまで推測の域を出ませんが

開化堂は最高級の茶筒を扱う販売店であり

従業員も少数精鋭

海外でも高く評価され売れ行きは好調という

ことを考えると

年収1,000万円

このあたりが妥当なのではないかと

想像します。

スポンサードリンク

まとめ

八木隆裕さんは古き良き伝統の

茶筒を現代に伝える貴重な人材でした。

また、日本文化を

世界に広めるグローバルな

逸材です。

そんな八木隆裕さんが

6代目を務める開化堂

京都に行かれる際には

足を運んでみたいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする