Janne Da Arc(ジャンヌダルク)のyasuのコメントにネットで感動の声が!

スポンサーリンク

Janne Da Arc(ジャンヌダルク)解散について

yasuさんが『yasuよりファンの皆様へ』

という内容でコメントが公開されました。

まずは

こんなに沢山の人たちに解散を

惜しまれるバンドになっていたことを実感し

バンドマンとして嬉しいという旨が述べられていました。

その上で

”守ることは残すことだけじゃない”

という結論に至ったとコメントされています。

今回のJanne Da Arc(ジャンヌダルク)解散は

yasuさんの体調不良が原因であること

その予兆には気づいていたのに

無理をしてしまったことへの後悔があったそうです。

僕が初めて
自分の事だけを優先して下した決断は、後にも先にもBLOODのツアー中止の時だけでした。

ぶっちゃけ体がおかしいと思い始めたのはErectのリハーサルの時

思い返せば、あの時もっと素直に体のシグナルを捉えていればと思うと悔やまれてなりません。

しかし

そんな状態を乗り越えたから

これまでのJanne Da Arc(ジャンヌダルク)があると

それで良かったんだとも言われています。

今やっと、今までの自分にお疲れ様でしたと言える。

本当によく頑張ってきたって

解散の文字を見て初めて涙が出ました。

みんなにとってJanne Da Arcは青春の1ページだと思うけど、僕達にとっては青春そのものです。

これからは自分を見つめ直し

人生を考えていきたい

見守っていって欲しいというのが

yasuさんの思いのようです。

すごく身勝手な言い分だけど、今はそんな自分を少し労わりたいと感じていて、これからは林保徳としての人生を見つめ直そうと思ってます。

今の僕は声出ないおじさんなので、とりあえず歌えるおじさんくらいまでには戻したいなとは思ってますが、それも焦らずやらせてください。

スポンサードリンク

ネットの反応は?

今回のコメント公開について

ネットでは「いままでお疲れ様」という

内容のコメントが上げられています。

間違いなく自分の人生で一番好きなバンド。 Janne Da Arc、ありがとう。 これからも一生聴くし、一生歌うよ。 大変な中、コメントを出してくれたyasuさんにも敬意と感謝を込めて。

yasu なんもいえねー。 泣きそう。 ただただ自分の体を大事にしてください。

yasuを、Janne Da Arc を、Acid Black Cherryを、生涯愛し続けます。いつまでも待ってます。どうか健やかに。祈り続けます。

こんなに惜しまれる存在になっていたことに

yasuさんのやってきたことは

間違っていなかったということが伝わってきます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする