アフリカで電気を量り売りする日本人の秋田智司って誰?wiki経歴!【笑ってコラえて】

スポンサーリンク

10月10日(水)放送の

【1億人の大質問!?笑ってコラえて!】は

「10月3時間SP」です!

番組内は以下です。

吉岡里帆の意外な過去が発覚!なんと○○(昆虫です)を食べたことがある!ダーツの旅では長崎県野母崎へ▽将棋界のレジェンド加藤一二三に街の人々が言いたい放題▽ザキヤマが人生はクイズだ!の旅に出動!サマーランドで水着美女に肉迫▽出会えなかったらお蔵入り!初心者Dに過酷な試練!2日ロケで1回だけ同乗OK!長距離バス一期一会の旅▽ムロツヨシ&近藤春菜が浅草橋でハシゴ旅▽アフリカで電気を量り売りする日本人!

出典:https://tv.yahoo.co.jp/program/49908870/

どの企画も楽しみですが

特に気になったのは

「アフリカで電気を量り売りする日本人!」

そんなビジネスが…ほうほう

ということでこの方について

調べてみました。

スポンサードリンク

アフリカで電気を量り売りする日本人”秋田智司”

アフリカの未電化地域で

電気を量り売りしているのは

デジタルグリッドの

秋田智司さん

出典:https://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NBO/16/jica1111/vol1_3/

名前:秋田智司(あきたさとし)

生年月日:1981年

出身地:茨城県

学歴:拓殖大学国際開発学部 卒

早稲田大学大学院商学研究科 修了

職業:実業家

会社:株式会社デジタルグリッド

未電化地域への電気の量り売りビジネス…

まさかそんなところに目をつけているとは

ビックリですね。

秋田智司の経歴

秋田智司さんは

早稲田大学大学院修了後

2006年にIBMビジネスコンサルティングサービス株式会社に

入社し、ITを活用した新規事業の展開や

業務改善等のプロジェクトに参画していました。

その後、2010年に

友人とNPO法人soket(ソケット)を

共同で設立し2011年には

IBMを退職。

ソケットの専任コンサルタントとして

日本企業が行う途上国への

支援に携わります。

2013年には

東京大学の阿部力也教授とともに

株式会社デジタルグリッドを共同創業し

ケニアやタンザニアを中心に

電気の量り売りサービスである

「WASSHA」を開始します。

見事なまでのサクセスストーリー

もちろんこれまでには

数々の苦労や挫折もあったかと

思いますが素晴らしいです。

ちなみに

「WASSHA」というのは

スワヒリ語で

「火をつける」が語源の

造語なんだとか。

<秋田智司がビジネスを始めたきっかけは? 次ページへ!>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする