安藤桃子(映画監督)が高知県にいる理由は?魅力とは?【アウト×デラックス】

スポンサーリンク

7月19日(木)放送の

【アウト×デラックス】に

俳優・奥田瑛二さんの

娘である安藤桃子さんが

出演されました!

もともとは東京生まれですが

4年前から高知県で生活しているそうです。

その理由は

高知県には

アウトな人が集まるから?

番組では

安藤桃子さんと高知県の

関係に迫っていました。

スポンサードリンク

安藤桃子について

安藤桃子さんは

2010年に28歳という

若さで映画監督デビューを

果たされています。

代表作は

2014年公開の【0.5ミリ】で

国内外で数多くの賞を受賞しております。

安藤桃子はなぜ高知県に?

現在、安藤桃子さんが活動の

拠点にされている高知県

森林率は全国一位

四万十川などの自然に恵まれています。

坂本龍馬や

吉田茂など偉人を輩出しています。

安藤桃子さんは

高知県に縁もゆかりも無い状態だったそうですが

高知県に降り立った瞬間

自律神経が一瞬で整った?らしく

「刀を抜くならここだ!」

と瞬間で移住を決意されたそうです。

どうやら

安藤桃子さんは

高知県という地に衝撃を

受けたんですね。

スポンサードリンク

高知県で革命を起こしたい?

安藤桃子さんは

どうやら高知県で

革命を起こすつもりらしいです。

どういうことかというと

「芸術で人に摩擦を起こして平和をもたらす」

…さすが映画監督

革命の起こし方が常人の考えを

逸しています。

そして

安藤桃子さんは実際に

高知県で革命が起こせると信じているらしく

その理由も三つあるそうです。

  • ノリで映画館を建てられる
  • ノリでレギュラー番組が持てる
  • 海外のような振り切った県民性

どうやらこの3点が安藤桃子さんに

インスピレーションを与えているんだそうです。

まとめ

安藤桃子さんが

言うには高知県は何でも

受け入れてくれるんだそうです。

高知県で

東京のスピードで動けば

革命が起こせる…!

スタジオでも

もしかしたら本当に

革命を起こしてしまうのでは?!

という流れになっていました。

安藤桃子さんの

これからの活躍に期待です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする