ベルリンの壁崩壊のきっかけを作った日本人は誰?佐藤勲という花火師だった?!【世界ナゼそこに】【世界ナゼそこに日本人】

スポンサーリンク

9月10日(月)放送の

【世界ナゼそこに日本人】は

「世界でナゼか大感謝されている日本人2時間スペシャル」

ということで世界から感謝されている

日本人が紹介されます!

今回はそのうちの一人

日本のお家芸で

東西冷戦下のドイツの

ベルリンの壁崩壊のきっかけを

作ったと言われる日本人に

焦点を当ててみたいと思います。

その方は

佐藤勲さんと言われています。

はたして

どのような人物なのでしょうか?

スポンサードリンク

石井正治のwiki風プロフィール

名前:佐藤勲(さとういさお)

生年月日:1910年

没年:1996年

出身地:秋田県大曲市

職業:花火師

そう

佐藤勲さんは花火師さんだったのです。

出典:https://sp.jorudan.co.jp/hanabi/spot_87140.html

それもそのはず

佐藤勲さんは

花火大会で有名な

大曲市出身の方です。

しかし

もともとは

映画監督が夢だったという

佐藤勲さん

どうして

花火師になったのでしょうか?

それは大曲市の

花火の歴史に関わってきます。

昭和30年代のこと

テレビなどの普及により

花火が飽きられ始めていたらしく

大曲市は頭を悩ませていたんだそうです。

そこで

大曲市は大曲の花火大会の

主催権を大曲商工会に

任せることにし

その時の商工会実行副委員長

兼企画員として活動されていたのが

佐藤勲さんでした。

そこから

佐藤勲さんは

花火師としての

道を歩み始めます。

<花火とベルリンの壁崩壊の関係は?>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする