マツコの知らない世界で舞踏会!日本で開催されてる?クローネ マキコが紹介!

スポンサーリンク

4月23日(火)放送の

【マツコの知らない世界】は

マツコの知らない”舞踏会の世界”

出典:https://www.austria-ex.com/blog/item/11948.html

クローネ マキコさんが

『貴族の社交界』というイメージが強い

舞踏会という世界を紹介してくれます。

クローネ マキコさん曰く

舞踏会は実は誰でも気軽に

参加できちゃうんだそうです。

しかも踊れなくても大丈夫なんだとか!?

これは

ちょっと興味でてきますね。

スポンサードリンク

クローネ マキコのwiki風プロフィール

名前:クローネ マキコ

誕生日:11月30日

住居:東京都新宿区

職業:『日本・オーストラリア文化交流会クライネ・クローネ』代表

舞踏会に取り憑かれた

クローネ マキコさん

これまで121回ほど参加されているそうです!

そもそも舞踏会とは

15世紀のヨーロッパの王族や

貴族の”社交場”として始まりました。

18世紀からは一般市民も

参加できるようになり今では

ウィーンだけでも年に200回以上開催されています。

クローネ マキコさんに話は戻り

クローネ マキコさんは元々は

外資系銀行のOLだったそうです。

そんなクローネ マキコさんは

幼い頃から舞踏会など優雅なお姫様

文化に魅了されていて

【シンデレラ】や【ベルサイユのばら】などに

夢中になっていました。

一時期はそんな舞踏会への

情熱は抑えていたそうですが

「おばあさんになってしまう前に夢を叶えたい!」

と居ても立ってもいられずに

1994年にウィーンへ飛び出します!

そこから

クローネ マキコさんの

舞踏会人生が始まるのでした。

スポンサードリンク

舞踏会は日本でも開かれる?

先程からウィーンウィーンと

言っていますが舞踏会は

ヨーロッパに行かないと参加できないのでしょうか?

実はそんなことはなく

日本国内でも舞踏会は

開催されているのです!

■EPM

エコール ド プロトコール モナコ

というモナコ在住20年以上の

国際マナー研究家の畑中由利江さんが

主宰する国際儀礼のマナースクールだそうです。

出典:EPM

公式HP:EPM

■日本ヨハン・シュトラウス協会

公式HP:19世紀舞踏会研究会

日本ヨハン・シュトラウス協会はヨハン・シュトラウス生誕150年の1975年に設立され、お蔭さまで40周年を迎えました。
設立以来現在まで、コンサートや舞踏会、講演会、研究発表会、会員親睦、国際交流など幅広く活動しております。

年間を通じて会員を募集してるみたいです。

入会費:1,000円

年会費:9,000円

スポンサードリンク

まとめ

舞踏会は意外にも

日本でも開かれているんですね。

公式HPを覗く限り

そこには非現実が広がっていそうです。

日常を忘れて優雅な時間が欲しい!

という方は一度体験されてみては

いかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする