福原亜希がハンターをする理由は?家族は皆が猟師!?【たけしのニッポンのミカタ】

スポンサーリンク

3月22日(金)放送の

【たけしのニッポンのミカタ!】は

『時代を超えて生き残るモノSP』

伝統を受け継ぐ女猟師に密着!ということで

福原亜希(ふくはらあき)さん(29歳)に

密着しました!

福原亜希さんは

ハンター歴6年のベテランで

仕事は小学校の教員補助をされています。

福原家が狩るのは主に

イノシシ、鹿

そんな福原家の献立は

  • 猪肉のしゃぶしゃぶ
  • 鹿肉の刺し身
  • 鹿肉のしぐれに
  • 猪のあら煮

そして驚くことに

福原亜希さんの家族は皆がハンター

次女の福原晴菜さん(27歳)は

主婦でハンター歴8年

三女の福原捺未さん(23歳)は

トリマーをやりながら

ハンター歴3年

何気に主婦の次女晴菜さんが

姉妹の中で一番ハンター歴が長いのに

驚きです。

スポンサードリンク

そんなハンター姉妹のお父さん

福原守さん(52歳)は

土木業を本業にしていて

ハンター歴はなんと26年!!

滋賀県猟友会の会長を務めているそうです。

何故福原家の皆さんが

猟師をされているのか?

というと、その理由は

有害鳥獣駆除

近年猪や鹿の被害が酷いらしいのです。

しかし、若い担い手が少なく

後継者不足に悩まされている

現実があります。

そこで福原家の皆さんは

率先して有害鳥獣駆除を

されているんだそうです。

(更新中)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする