ファーリーの意味は何?ケモナーとの違いは?【世界まる見え】

スポンサーリンク

1月28日(月)放送の

【世界まる見えテレビ特捜部】にて

紹介された”ファーリー”という

言葉が話題になっています!

スポンサードリンク

ファーリーって何?

ファーリーは「Furry」と書くらしく

”毛皮で覆われたフサフサした”様子を

意味する形容詞なんだそうです。

欧米では

ファーリー・ファンダムという使われ方もしており

擬人化された動物のキャラクターを指すんだとか。

「ファーリー」の画像検索結果

ただの着ぐるみではなく

”擬人化”というのが

ポイントですね。

ケモナーとの違いは?

ここでピンとくるのは

”ケモナー”という言葉

ただファーリーと

ケモナーは違いそうです。

というのも

ファーリーは擬人化された動物を

指すのに対し

ケモナーはケモノキャラクターを

好む人達を指すからです。

つまり

「ファーリー」好きが「ケモナー」

ということになりそうです。

なかなか日本では

聞き馴染みのないファーリーですが

じわじわ流行ったりするのでしょうか。

気になるところですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする