激レアさんのヒロコはアメフト選手!日本人で初のアメリカプロのwiki経歴!

スポンサーリンク

12月3日(月)放送の

【激レアさんを連れてきた】は

ヒロコさんが出演されました。

ヒロコさんは

身体能力が凄すぎるあまり

もうアスリートを引退したいのに

54歳になっても辞めさせてもらえない

江戸っ子

ヒロコさんが辞めさせてもらえないスポーツは…

アメリカンフットボール!

!?

アメフト?

そうなんです

ヒロコさんは

54歳現役のアメフト選手

しかも

日本人初の

本場アメリカでプロになった方なんです。

はたして

ヒロコさんとは

何者なのでしょう。

スポンサードリンク

ヒロコのwiki風プロフィール

まずは

ヒロコさんの

伝説をダイジェストで見てみます。

0歳:神の子 浅草に生誕

30歳:遅すぎるアメフトデビュー

35歳:怪物 アメリカへ渡る

54歳:全米震撼!衝撃の現役バリバリ

ヒロコさんのお父さんは

日本橋の魚河岸出身の方で

お母さんは浅草の

履物屋さんでした。

小学生の頃から

167cmあったヒロコさんは

周囲から一目置かれ

本人も「勝負事に負けたくない」

という信念の元

手っ取り早く全国大会に

行けそうという理由で

15歳の頃にシンクロに

未経験で挑みます。

そしてなんと

17歳(高校2年)で

全国大会に出場してしまいます!

なんという化物…

そこで満足した

ヒロコさんは

シンクロをきっぱり引退

スポンサードリンク

30歳になったころ

運命の一言に出会います。

「女子アメフトクラブに行ってみない?」

その言葉に乗って

練習に行ったヒロコさん

ズブの素人にもかかわらず

経験者をふっとばしてしまいます!

そこでアメフトの面白さに

目覚めたヒロコさん

1年後には

オフェンスラインのポジションリーダーに

なってしまいます!

もう力強さしか感じません。

32歳には

もうキャプテンですから…

<いよいよアメリカへ… 次ページへ!>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする