捕鯨船(浅草)の評判は?店主の河野さんってどんな人?【和風総本家】

スポンサーリンク

現在は貴重なものとなった

クジラ料理

その伝統を守っている

浅草の名店「捕鯨船」が

5月10日(木)放送の

【和風総本家】にて紹介されます!

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/mojomasy/65136244.html

暖簾は「捕鯨舩」となっていますね。

提灯は「捕鯨船」となっているので

どちらでもって感じでなんでしょうか。

鯨料理自体珍しいですが

なんでもここの店主が有名なんだとか

今回は「捕鯨船」と店主に

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

「捕鯨船」はどんなお店?

まずは「捕鯨船」がどんなお店なのか

調べてみました。

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/mojomasy/65136244.html

扱っているのは鯨!

「捕鯨船」というくらいなので

扱っている食品は“鯨”です。

出典:https://yamama48.hatenablog.com/entry/kujira

こちらはなんと鯨の刺身です!

ベーコンとかは割と見かけることがあるかと

思いますが、まさか刺身が食べられるとは…

脂質とコレステロールが少ない

あっさりとした味わいだそうです。

見渡す限りのサイン!

店内には所狭しと

有名な方々のサインがぎっしりと

書き連ねられております。

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/mojomasy/65136244.html

いかに浅草で愛されていたのかが

伺い知れますね。

「捕鯨船」の評判は?

ここで

実際に「捕鯨船」を訪れた

方々の口コミを参考にさせていただきましょう。

クジラの刺し身は、半解凍の状態で供されます。
味付けはニンニク醤油で、いかにもスタミナがつきそう。かみしめると、マグロとも牛肉ともとれるような強いうまみと、ほのかに血の風味を感じさせるワイルドさがあり、やみ付きになります。

ニンニク醤油…食欲を誘いますね。

ワイルドさがやみつきになるのだそうです。

店内に所狭しと飾られたサイン、壁に直筆で書かれたあしたのジョーの丈の顔。さながら、文化財の中で食事をいただいているような貴重な体験をしました。

やはり店の魅力の一つは無数のサイン。

この人も?!

というような方のサインも見つかるかもしれませんね。

さてこのモツ煮ですが、具材がとろとろに煮込まれつつ、白みそ仕立ての汁に浸っており、お酒のあてにこれ以上のものはありませんね。屋号は捕鯨船ですが、これを頼むのはマストだと思います。
ビートたけしも浅草キッドで、煮込みしかない・・とさえ歌うほどですし。

どうやら鯨料理だけじゃなく

もつ煮のようなメニューも人気があるみたいですね。

こういうお店は何出してもおいしいという印象があります。

スポンサードリンク

「捕鯨船」の河野さんとは?

「捕鯨船」の魅力の一つに

名物店主と言われる河野さんの存在があるそうです。

いったいどんな方なのでしょうか。

出典:http://asakusanews.com/erudition/917

もともと浅草で人気を誇った

「デン助劇団」という劇団の

団員でテレビでは芸人に引けを取らない

存在だったのだとか。

そんな河野さんの口癖は

「鯨(げい)を食って芸(げい)を磨け!」

だそうです。

これは熱いものを感じます!

おそらくその熱気をもらいに

有名人の方々も「捕鯨船」を

訪れてくるのでしょうね。

スポンサードリンク

まとめ

「捕鯨船」は

  • 珍しい鯨料理
  • 数多くのサイン
  • 名物店主

が揃ったお店でした。

気になった方は是非一度

足を運んでみるのもいいかもしれませんね。

——————————————————–

店名  :捕鯨船/捕鯨舩

住所  :東京都台東区浅草2-4-3

電話  :03-3844-9114

営業時間:17:00~22:00(月・火・水・金)

16:00~22:00(土・日・祝)

定休日 :木曜日

——————————————————–

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする