保阪尚希の経歴は?通販王になった理由は?【メレンゲの気持ち】

スポンサーリンク

俳優の保阪尚希さんが

4月14日(土)放送の【メレンゲの気持ち】に出演されます!

俳優でありながら今や「通販王」とまで

呼ばれている保阪尚希さん。

どのような経緯で「通販王」と呼ばれるまでになったのでしょうか。

今回は保阪尚希さんの経歴と

「通販王」に至るまでの経緯に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

保阪尚希のwiki風プロフィール

出典:http://anincline.com/hosaka-naoki/

名前  :保阪 尚希(ほさか なおき)

生年月日:1967年12月11日

出身地 :静岡県

職業  :俳優、タレント、歌手、料理研究家、通販コンサルタント、レーシングドライバー

通販王だけじゃなかったんですね。

料理研究家やレーシングドライバーなど

職種が多すぎて何が本業かわからないですね。

保阪尚希さんですがなんと7歳の頃に両親を

自殺で亡くすという衝撃の過去を持っています。

そして中学卒業後はアルバイトをしながら

高校の定時制へ通うなど壮絶な状況に

めげずにいたことには脱帽です。

イケメンな保阪尚希さんは女性からの絶大な人気を集め

福山雅治さんや萩原聖人さんと並んで

新・平成御三家

と呼ばれておりました。

御三家とは…それほどまでの人気だったのですね。

保阪尚希の経歴は?

幼いころに両親を自殺で亡くすという

衝撃の経験をした保阪尚希さんは

今までどのような人生を歩んできたのでしょうか。

ドラマ・映画で活躍

【チェッカーズ・イン・涙のリクエスト】出演でデビュー(1986年)

【パ★テ★オ】にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞(1992年)

その後も

【家なき子】や

数々の大河ドラマに出演し

【サラリーマン金太郎】シリーズでは常連さんとなっています。

死にかけて一命をとりとめる

保阪尚希さんは2000年に

腹膜炎・内臓破裂により

緊急手術を受け九死に一生を得る経験をしています。

医者からは

「あと少し遅かったら死んでいたよ」

と言われたらしいです。

おぉ、恐ろしい。

死と隣り合わせってやつですね。

この経験が保阪尚希さんが

料理研究家になったきっかけだそうです。

スポンサードリンク

保阪尚希はどうして通販王に?

俳優として福山雅治さんに並ぶ

人気を誇っていた保阪尚希さんですが

何故通販の成果に足を踏み入れたのでしょうか。

実はそれは先ほどの2000年の腹膜炎・内臓破裂が

関係しているのだとか。

それまでは1年に2日しか休まないという

多忙を極めていた保阪尚希さん。

その無理がたたり発症してしまったとのこと。

そこで先ほどの食品研究家と少し関係していますが

食や健康について徹底的に考え直し

食品関係の通販に手を出したのだとか。

出典:http://www.mg-world.com/hosaka-ryu/index.html

当初はサプリメントを狙っていたそうですが

芸能人という身分だったため

怪しく思われそうだと避けたみたいですね。

【まとめ】保阪尚希は命の危機がキッカケで通販王に!

保阪尚希さんの壮絶な人生にも驚きですが

それにもめげずに挑戦する姿勢は凄いですよね。

今では1日で1億7千万の売り上げを

たたき出すという保阪尚希さんは

まさに通販王の名にふさわしい方だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする