星知弘(ほしともひろ)のwiki経歴!特撮トチオンガーセブンのあらすじは?【激レアさん】

スポンサーリンク

12月24日(月)放送の

【激レアさんを連れてきた。】に

星知弘さんが出演されます!

星知弘さんは

特撮ヒーロー大好きがエスカレートし

自分で考えた特撮ヒーローの

衣装を作ってコスプレをしていたところ

なんとテレビ局からのオファーを

もらったという逸話を持ちます!

今回はそんな

星知弘さんに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

星知弘のwiki風プロフィール

出典:https://twitter.com/tochionger

名前:星知弘(ほしともひろ)

生年月日:1970年4月

出身地:新潟県

星知弘さんの経歴は

海上自衛官や営業マンを経て

実家の油揚げ店の手伝いに至ります。

そして

2015年に油揚げ店の傍ら

『トチオンガーセブン』としての

活動を開始。

『トチオンガーセブン』は

特撮ファンの星知弘さんが

新しいヒーローが出てこない現状を

打開するために誕生しました。

トチオンガーセブンとは?

出典:http://www.niigata-nippo.co.jp/biyori/kodomo/084363.html

新潟県長岡市栃尾地域の

ご当地ヒーローである『トチオンガーセブン』

正式には『炎の天狐 トチオンガーセブン』

なぜ天狐なのかというと

星知弘さんの実家が油揚げ店だから!

さらに栃尾の伝承である

ヤマタノオロチを題材にしています。

人類を怨む蛇王一族を率いる蛇王一族首領ゲドロンは、長岡市栃尾地域に遥か昔から封印されている邪悪なるヤマタノオロチを復活させ、その強大な超能力と人類の妬み嫉み怨念などの負のエネルギーを吸収し生まれる魔獣人を巧みに操り、この世の中を邪に満ち満ちた暗黒郷世界を創ろうと企む!
トチオンガーセブンとは、蛇王一族首領ゲドロンの邪悪な野望を打ち砕くために、神の狐の天狐と宿命の栃尾人 星狐太郎とが融合した姿である!

友達愛!家族愛!郷土愛!
この炎のたからものを守るため
7つの秘められた必殺技を見つけ出し、人社会と獣社会の狭間で苦悩しながらも生きる証を見出し、命を懸けて斗う愛と正義の戦士なのだ!

出典:http://tochiongar-7.com/

トチオンガーセブンのあらすじ

考古学者である山古志博士は

栃尾に伝わる「ある伝説」を

追いかけて数年前に失踪。

そんなある夜

栃尾の油揚げ職人である

星狐太郎は悪夢にうなされる。

その悪夢とは

栃尾の街が炎に

包まれて人々が

逃げまどうというもの

その光景を見つめるしかできない

星狐太郎のもとに

どこからともなく星狐童が

語りかけてくる。

その内容は

「人類を怨み、滅ぼそうとする蛇王一族が蘇った。トチオンガーセブンとなり悪を討ち滅ぼすのだ」

というもの。

星狐太郎は元来

争いを好まない性格であり

その誘いを拒否。

悪夢の翌日

山古志博士の娘であるミッチーとジュンは

油揚げ店『毘沙門堂』を訪れる。

二人は

父の研究を受け継ぎ

蛇王一族の復活と

伝説の栃尾牙を世間に

訴えかけるも相手にされないという。

そんな姉妹を見送り

仕事に戻ろうとする

星狐太郎。

その時

突如姉妹の悲鳴が…!

慌てて飛び出す

星狐太郎の目に飛び込んできたものは

蜘蛛魔獣人に連れ去られようとするミッチーの姿だった…

なかなか引き込まれる

続きが気になる内容です。

<劇場版トチオンガーセブン!? 次ページへ!>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする