イシトビは激レアさんでフランスで有名なレ・ロマネスク!wiki経歴も!

スポンサーリンク

1月7日(月)放送の

【激レアさんを連れてきた。】に

イシトビさんが出演されました!

イシトビさんは

「堅実な公務員になりたかったのに

人生の選択を間違えまくり

なぜかフランスで最も有名な

日本人パフォーマーになっちゃった人」

だそうです。

現在は

『レ・ロマネスク』の

TOBIさんとして

相方のMIYAさんとともに

活動してらっしゃるそうです。

今回はそんな

フランスで超有名な

レ・ロマネスクの

イシトビさんに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

イシトビのwiki風プロフィール

名前:イシトビ

別名:究極のイエスマン

出身地:広島県

学歴:慶應義塾大学

ユニット:レ・ロマネスク

特徴:全身ピンク

体質:超不幸体質

世界12ヵ国以上で

ライブをしているという

スーパースターです。

イシトビの経歴

イシトビさんは

レ・ロマネスクの

TOBIとして自叙伝を

執筆されています。

題名は

『レ・ロマネスクTOBIのひどい目』

全9章からなる本で

第1章

武装した銀行強盗の一味と密室に閉じ込められ、二丁の拳銃を突きつけられた件。

第2章

豪華クルーザーで遭難し、強烈な陽射しで黒焦げになりながら、大西洋を漂流した件。

第3章

亡命ロシア人から借りた築400年のアパルトマンで壁の電話回線が火を噴き、中から盗聴器が出てきた件。

第4章

深夜に上階の住人の汚水が溢れ出し、膝下まで洗剤と油と生ゴミに浸かりながら7日間、汲み出し続けたあと、8日目にゾンビ役でステージに立たされた件。

第5章

練馬で捨てたはずのステージ衣装がなぜか船便でパリに届き白塗りの人と何度も共演するハメになった件。

第6章

パリの冬が寒すぎたばっかりに、なぜかフルマラソンに出場するハメになり、夜な夜な薪を求めて極寒のパリの街を徘徊することになった件。

第7章

ゴミが地層化した練馬のアパートで空き巣と22日間同居した件。

第8章

地平線を望む雄大な北海道の牧場で真紅に染まる夕日を眺めながらあたたかい牛のフンを全身に浴びた件。

第9章

就職する会社が、つぎつぎと倒産していった件。

なんというか

人生の経験値が半端ないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする