じゃばらが花粉症に効果あり?効かない?副作用は大丈夫?【名医の太鼓判】

スポンサーリンク

3月25日(月)放送の

【名医のTHE太鼓判】にて

”花粉症に効く果実”として

じゃばら(ジャバラ)が紹介されます!

花粉症は毎年悩まされる

悩みのタネの一つなので

じゃばらが本当に花粉症に

効果的ということであれば朗報!

ということで

今回は花粉症に効くとされる

果実であるじゃばらに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

そもそもじゃばらって何?

そもそも『じゃばら』とは何か。

じゃばらとは柑橘系の果実です。

出典:https://www.vill.kitayama.wakayama.jp/kanko/jabara/

柚子やカボスの仲間だそうです。

しかし、柚子やカボスと違って

じゃばらは中々聞き慣れないのではないでしょうか?

実はこの『じゃばら』を

日本で自生しているのは北山村だけだそうで

その存在は”幻”や”伝説”とまで言われています。

しかも

もともとはじゃばらのなる木は北山村の中でも

一人の村民の敷地に一本だけ存在していたらしく

当初は

「へんなミカンが育つ」

程度の認識だったそうです。

そこから

原木の持ち主が

独特の味で美味いので

広めたいと思い

積極的に働きかけたことによって

8年かけて農園の規模拡大を果たすことが出来ました。

それからは

じゃばらは北山村の

特産物として北山村の

一大産業となっていきました。

スポンサードリンク

じゃばらの花粉症への効果とは?

出典:https://medicalcampus.jp/di/archives/1236

じゃばらには花粉症対策に最も効果があるとされている

ナリルチン

という成分が他の柑橘系と比較し

多く含まれているんだそうです。

ここで

「ナリルチンってなんだ?」

ということになりますが

このナリルチンは

花粉症の症状である

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 涙目

を引き起こす

”脱顆粒現象”

を抑制する効果があるとされています。

ちなみに

”脱顆粒現象”についてもう少し書くと

花粉症による鼻水・くしゃみ・涙目といった

諸症状は体内に花粉が侵入した際に

ヒスタミンやロイコトリエンなどの

伝達物質が放出されることによって引き起こされます。

これが”脱顆粒現象”です。

ということで

この花粉症の諸症状を抑制する効果が

ナリルチンにはあり

そのナリルチンを多く含んでいるのが

じゃばらということです。

実際にじゃばらって

花粉症に効果的なのか?

ということを調べてみたところ

じゃばらパウダーというものを

使った方々の口コミでは

確かに効果が見られたそうです。

(楽天市場調べ)

じゃばらをスプーン山盛り1杯取るだけで、花粉症で詰まっていた鼻が通るんです。毎朝食後にヨーグルトにじゃばらを入れてかき混ぜデザートとして食べるだけ。こんなに簡単においしく花粉症を克服できるなんて夢みたいです。北山村のみなさん、ありがとうございます。

花粉症対策に買いました。最初、水に溶かして飲もうとしたけど飲めたもんじゃないので…
小さじ半分(2.5g)を 朝夕 2回(5g/日)、オブラートに包んで飲んでいます。
飲んだからと言って、完璧に症状が治まるわけではないけれど…
飲むと飲まないとじゃ ぜんぜん違います。 薬じゃないし体にも良さそう。(^-^)

どうやら花粉症の症状を完全に無くすことはなかなか難しそう

しかし、症状を和らげる分には効果が実感できており

薬というわけでもないため副作用も心配なさそうです。

スポンサードリンク

まとめ

じゃばらについて

調べてみた結果

科学的に効果が期待されている

ということがわかりました。

実際にじゃばらを

試された方の意見としては

完全に花粉症が克服できるわけではないけれど

じゃばらを摂取することで

花粉症の症状が緩和されるということを

実感されているみたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする