家電が爆発の危険!?原因は何?発火時の対処法は?【世界仰天ニュース】

スポンサーリンク

12月11日(火)放送の

【世界仰天ニュース】は3時間SP!

『あの家電も大爆発』ということで

肉まんチンで爆発

冬物脱水で爆発

炊飯器アレ調理で爆発

とこの冬気をつけなきゃいけないことが

てんこ盛りの予感

スポンサードリンク

発火しやすい家電

【世界仰天ニュース】にて

紹介される家電の爆発は

番組放送を待つことにして

ここでは一般的に火災に

つながる可能性のある

状況を紹介していきたいと思います。

コンセントのホコリ

これは結構広く

知られているかもしれませんね。

電源プラグにホコリが溜まって発火する現象

トラッキング現象と言うそうです。

古い家電の劣化

主に、エアコン、クーラー、暖房など

空調関係の家電が古くなった場合に発火事故に繋がっちゃうそうです。

また

扇風機も注意が必要で

  • ファンが回らない
  • 異常なモーター音がする

などが危険信号だそうです。

発火したらどうする?

実際に発火してしまったとき

どう対処すればいいのでしょうか?

なんでも

”初期消火3原則”という

ものが存在するらしく

1. 見つけたら早く知らせる
火災を見つけたら、近隣の方や住人にいち早く知らせましょう。すぐに消火できず、火が広がってしまう可能性もあります。小さな火でも消防車を呼ぶことが大切です。

2. 早く消火する
出火から3分以内が、消火できる限度だそうです。消火器だけに頼らず、座布団で火を叩く、塗れた毛布で火を覆うなど、身の回りで使える消火方法をおさえておきましょう。

3. 早く逃げる
天井に火がうつったり、自分の手に負えない場合は迷わず逃げましょう。逃げる際は扉などを閉め、火に空気が入らないようにすることも重要です。

出典:https://tg-uchi.jp/topics/4124

このように

早急な対応が求められるため

日頃から万が一を考えて

頭の隅の方に置いておく必要が

ありそうです。

「3.早く逃げる」の

見極めがなかなか難しいところかと

思いますが

何よりもまずは命大事ですので

無理せず逃げましょう。

私も逃げます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする