片岡恭子wiki風プロフ!運び屋の仕事内容は?経歴が壮絶?!【アウトデラックス】

スポンサーリンク

8月16日(木)放送の

【アウト×デラックス】に

片岡恭子さんが出演されます!

片岡恭子さんは

何度も死にそうになっている

”運び屋”として海外放浪

しまくっているそうです。

いったい

どんなエピソードが語られるのか

番組の放送が楽しみです。

今回は

そんな”運び屋”の

片岡恭子さんに

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

片岡恭子のwiki風プロフィール

出典:http://www.jca.apc.org/femin/interview/20140305kataoka.html

名前:片岡 恭子(かたおか きょうこ)

生年月日:1968年5月22日

出身地:京都府

職業:運び屋

学歴:同志社大学文学部社会学科新聞学専攻卒・同大文学研究科修士課程修了

現在は”運び屋”として

世界中を飛び回っているという

片岡恭子さんですが

大学を卒業後は同大学の

図書館司書として勤務されていたそうです。

その後

スペインのコンプルテンセ大学に留学し

中南米を3年に渡り放浪していたといいます。

3年間も放浪するなんて

凄くガッツがあるというか

なんというか…凄い人です。

エピソードはそれだけでなく

なんとベネズエラで不法労働もされており

民法テレビ番組をコーディネートするという

経験もあるそうです。

運び屋の仕事って?

”運び屋”と聞いても

なかなかピンと来ないかと思います。

むしろ

イメージとしては

なんか怪しいとすら感じて

しまいます。

ただ

片岡恭子さんが

運んでいるのは

車の部品などで

企業がきゅうに必要とする際に

現地に行って運ぶんだそうです。

片岡恭子さんはインタビューで

「携帯電話でいきなり、〝あしたスラバヤね〟とか〝今晩からシカゴね〟なんて言われる。自分が選んだ場所じゃない所へ行けるのがおもしろいです」

出典:http://www.jca.apc.org/femin/interview/20140305kataoka.html

と語っており

思いもよらない場所へ行けることに

やりがいを感じているようです。

スポンサードリンク

片岡恭子の仰天エピソード

片岡恭子さんは世界中で

何度も死にそうな目に合っている

ということでどんなエピソードが

あるのでしょうか。

  • スペインで強盗
  • ボリビアで暴動
  • アルゼンチンで遭難
  • ベネズエラで拘束
  • コロンビアで盗難
  • パタゴニア山中で遭難
  • アマゾンで強烈な食中毒
  • 耳の中にカニ

この人生経験の豊富さですよ。

よく生き延びてこれたなと

驚愕です。

まとめ

片岡恭子さんは

珍しい”運び屋”という

職業で世界中を

飛び回っているということが

わかりました。

そんな中で

何度も危機にさらされており

その壮絶さも伝わってきます。

ただ

片岡恭子さんは

”運び屋”として

世界中を飛び回れることに

やりがいを感じているようなので

これからも北へ南へ世界を股にかけて

活躍されていかれることでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする