君島十和子のwiki風プロフ!美容法や化粧品にメイクは?【ソレダメ】

スポンサーリンク

元モデルで現在は実業家の

君島十和子さんが

5月30日(水)放送の

【ソレダメ!~たったこれだけ!老けない習慣スペシャル~】

に出演されます!

出典:http://cdn.tv-osaka.co.jp/onair/detail/progid=1231844/time=now/

番組では君島十和子さんに1日密着し

こだわりの美容法をご紹介してくれるようです。

今回は

そんな君島十和子さんに

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

君島十和子のwiki風プロフィール

出典:http://www.25ans.jp/beauty/focus/160826/01/(language)/jpn-JP/

名前:君島 十和子(きみしま とわこ)

生年月日:1966年5月30日

出身地:東京都

職業:実業家

君島十和子さんは

女優やモデルの活動を経て

君島明さんとの婚約をきっかけに

芸能界から身を引いています。

そして

現在は洋服や化粧品の

ブランドプロデュースを行っています。

君島十和子の美容法は?

それでは早速

君島十和子さんの美容法について

● 徹底した紫外線防止ケア

● 半身浴をする

● 毎晩ラジオ体操&ストレッチをやる

● 食事をするときには脂肪の吸収を抑えてくれるプアール茶を飲む

● 食べすぎたときは食感を14時間ほど置いて白湯を飲んで胃腸を休ませる

● 冷たいものは飲まない

● 40代を過ぎてから食べないダイエットはしない、タンパク質をしっかりと摂取して、炭水化物は昼間食べ、夜は食べない

● 夕食を作る前が一番お腹が空くので、ナッツをつまむようにしていて、しかも1日10粒と決めている

● 肌に余計な圧力や負担をかけると肌細胞が痩せて老けた印象になるので、極力肌に力を加えたくないので、化粧水はスプレーするようにしている

● ストレス解消法は、熱いお風呂に入って汗をたっぷりとかくこと

● 抗酸化ケアのために亜麻仁油をひとさじ飲む

● きなこをなんにでもかけて食べる

● 美のために、バルサミコ酢を使う

● 菌の違うヨーグルトを毎日食べて腸内環境を整える

● オリゴ糖が豊富に含まれているきなこと、黒ごまが同時に摂取できる黒ごまきな粉をヨーグルトのなかに入れて、朝食に食べる

● 抗酸化ジュースを作って飲む(しょうが、りんご、人参、レモン)

● 肌の材料になる良質なタンパク質をしっかりと摂取する

● 納豆を毎日食べる

● 内側からのケアを重視しているので、「メロディアン水素たっぷりのおいしい水」を飲むようになった

● 首のケアは、とにかく紫外線対策、そして寝るときは枕を使わず、タオルをくるくると巻いたものを首に当てて寝る

● 月に一回、青山のラ・フラームというエステに通っている

● 年に一度人間ドックで詳しく検査をする

● 湯船に浸かりながらリンパ・マッサージをしたり、仕事の合間に耳をもんだりする

● 腸の状態が肌に直結するので、腸内環境を常に整える食事を摂取するようにしていて、一日おきにウォーキングをやって腸を活性化する

● 保湿の化粧水をとにかくたっぷりとつける、日中も乾燥を感じたらこまめにつける

● 暇があればながらマスクをやる、車の運転中、ドライヤーをかけながら

● 家事をするときには、手荒れ防止のために必ずゴム手袋をする、最初に甘皮にオイルを馴染ませ、ハンド用美白エッセンスを塗って使い捨ての手袋をしてから、厚手の手袋を付ける

● 掃除をするまえに全身にオイルを塗ると、動いている間に代謝があがって肌がツルツルになる

● 抗酸化成分のある食材をたっぷりと摂取して内側から徹底的にケアする

● 空気清浄機と加湿器をしっかりと置いていいる

● 皮膚科でビタミンCを処方してもらっている

● 40代以降のシミ予防には、保湿と肌をこすらないことがポイントになり、肌を動かさないのは鉄則

● 頭皮マッサージで顔の皮膚をあげる

● サプリメントはビタミンCやトラネキサム酸を摂取

● 頭皮を毎晩50回くらいブラッシングしたり、昼間は耳を回して血行を良くする

● リュミエリーナ ヘアービューロン[カール]Lーtype34mmできれいな巻紙を作っている

● 帰宅をしたらまずは洗顔

● 日差しに当たってしまった日はとにかく水分補給を心がける

● シートマスクやコットンマスクをするときは、アルコール不使用の保湿効果の高い化粧水を使う

● 朝はプロテイン、ファイバー、ごま、大麦の粉を混ぜたものを飲む

● ヨーグルトにはちみつを混ぜて食べることもある

● 月に2度超高濃度ビタミンC点滴をする

● 「FTC 飲む美容液 PURIMIUM」を一日2本飲む

● 夜はしっかりと汚れを落とすことをメインにする

● スペシャルケアは朝、シートマスクやコットンパックなどは起きてからやる

● 乾燥を防ぐためにミルフィーユ付けをする、スプレー化粧水の後クリームを塗り、しばらくして再度同じプロセスを行なう

これらが君島十和子の美容法になります。

それでは見ていきましょう!

基本的に、彼女の美容法は次の3本柱が大事なポイントになります。

● 徹底した紫外線対策

● 徹底した保湿

● 洗顔はやさしくする、クレンジングは手のひらを使う

出典:40代からの美容を考えるブログ

たくさんありますね…

これらすべてを実践すれば確かに

効果が高そうです。

ただ、大事なのは

この美容法を真似するにしても

ご自分の無理のない範囲

ピックアップすることかなと感じます。

気になったものからやってみて

うまくいきそうだったら他のも

という実践の仕方がいいかもですね。

スポンサードリンク

君島十和子の化粧品は?

君島十和子さんが

監修している化粧品で

有名なFTC(フェリーチェ トワコ コスメ)。

簡単に特徴を述べたいと思います。

■フラーレンを高配合!

フラーレンとは君島十和子さんが美容成分を

探し求め辿り着いた答えといってもいい成分です。

フラーレンは肌の老化の原因となっている

活性酸素というものを継続的に取り除き

肌のハリや弾力、透明感のキープに

貢献するエイジングケアの最高峰の成分と

言われています。

■VCエチル配合!

VCエチルとはビタミンC誘導体と

呼ばれるもので美肌効果が得られやすい

と言われています。

■香りの効果でプラスα

FTCには白いバラの花束をイメージした

香りが付いています。

この香りというのは

実は脳に作用するらしく

心地の良い香りはリラックス

効果があり、美容のお手入れが

より効果的になるようです。

スポンサードリンク

君島十和子のメイクは?

ここで君島十和子さんの

メイクのこだわりを見てみましょう。

■ファンデーションは薄めに

ファンデーションは厚く塗ってしまうと

小じわやたるみが目立ってしまうんだとか

■リップはグロス

君島十和子さんはリップグロスの

使用をお勧めしています。

リップグロスを使用することで

唇の縦ジワが目立たなくなるんだとか。

■マスカラのつけ方で年齢が変わる

アイメイクについて君島十和子さんは

マスカラのつけ方に注目しています。

  1. 鏡をあごの下にセットする。まつ毛の根元がしっかり見えるようにしましょう。
  2. 根元からしっかり塗る。少しブラシを揺らすことでまつ毛に綺麗に塗ることができます。
    一定方向ではなく、扇状にまつ毛が広がるように意識しましょう。
  3. 目頭はマスカラブラシを縦にして塗っていく。

これを実践することで若々しい目元を作れるんだとか。

まとめ

君島十和子さんの

美容法についてみてみましたが

結構努力されているんだなというのが

伝わってきました。

君島十和子さんの方法を

すべて実践するのは困難かも

しれませんが無理のない

範囲で行うことによって

君島十和子さんの美しさに

近づけるんだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする