増田明美のwiki風プロフ!オリンピックの挫折とは?【SWITCH】

スポンサーリンク

ユニークなマラソン解説で話題の

増田明美さんが6月2日(土)放送の

SWITCHインタビュー 達人達(たち)

に出演されます!

  • 選手の情報量がおかしい
  • 解説の小ネタが面白い
  • 細かすぎる

などなど増田明美さんの

解説ぶりに世界陸上が楽しくなる

といった声が相次いでいます。

今回はそんな

話題の解説者、増田明美さんに

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

増田明美のwiki風プロフィール

出典:https://tv-dmenu.jp/news/h1_20170324_2/

名前:増田 明美(ますだ あけみ)

生年月日:1964年1月1日

出身地:千葉県

職業:大阪芸術大学芸術計画学科教授

スポーツジャーナリスト

スポーツライター

レース解説者

タレント

ナレーター

職業が多忙!

大学の教授もされていたんですね。

増田明美さんには小ネタを集める際の

「小ネタ収集3原則」

というものがあるらしく

  • 自腹で単独取材
  • 監督やコーチと一緒に食事
  • 母親の電話番号をゲット

これらの原則をもって

選手の小ネタを集めているのだそうです。

増田明美の選手としての経歴

解説者となる前は増田明美さんは

陸上選手でした。

1981年に高校3年生で参加した

アジア陸上競技大会の3000mで

日本新記録で優勝という

快挙を成し遂げます。

そして10000mについても

日本新記録で優勝しています。

ここまで来たらということで

同じ年に7つの日本記録を樹立!

予想以上に

凄い人でした!

スポンサードリンク

オリンピック選手としての増田明美

陸上選手として

輝かしい功績を残していた

増田明美さん。

実は女子マラソンで日本初の

オリンピック選手なのです!

出典:そうだったんだ

女子マラソンは

1984年のロサンゼルス五輪で

初めて正式な種目となったのですが

そこで日本代表に選出されたのが

増田明美さんでした。

増田明美のオリンピックでの挫折

増田明美さんは

日本人女性初の

女子マラソンの

オリンピック選手でした。

しかし、そこには

挫折が待っていたといいます。

ロサンゼルス五輪では

序盤から積極的に飛び出したものの

プレッシャーなどに耐えられず

16km付近で途中棄権してしまいます。

そして、その最後まで

走りきることができなかった思いが

陸上への熱意を失わせ

陸上引退の道へ進むことになってしまいました。

スポンサードリンク

オリンピックでの悔しさから解説者へ

増田明美さんは

ロサンゼルス五輪以降の

レースにおいて

痛烈な批判を受けるなどして

とても辛い思いをしていたそうです。

そして、そんな辛い思いを

現役選手に味わってほしくない

という思いから解説者として

選手を支える道を選びます。

増田明美さんの解説は

「人」を伝えることに

拘っており語り口も

穏やかです。

増田明美さんの

「人」に重きを置いている

解説は賛否両論らしいのですが

増田明美さんのバックグラウンドを

知ってしまうと増田明美さんのことを

応援したくなってしまいますね。

まとめ

増田明美さんは

陸上選手として

輝かしい実績を持ちながら

ロサンゼルス五輪での

挫折の経験から

解説者の道を歩みます。

これからも

現役の陸上選手を

支えるために

解説者として頑張っていって

いただきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする