宮本浩次(エレカシ)の独特なキャラは天然?ハイテンションは作ってる?【行列】

スポンサーリンク

ロックバンド・エレファントカシマシの

ボーカルである宮本浩次さんが

6月17日(日)放送の【行列のできる法律相談所】に

出演されてその独特なキャラが披露されました。

番組内で

コメントを求められた際には

黙り込んだり周囲をキョロキョロしたりと

その異様な雰囲気に開場は不思議な笑いに

包まれました。

かと思えば

他の番組では

ハイテンションだったりと

更に謎は深まります。

今回は

そんなエレファントカシマシの

ボーカルである

宮本浩次さんに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

宮本浩次のwiki風プロフィール

出典:http://kumamotomishuran.blog.jp/archives/6013477.html

名前:宮本 浩次(みやもと ひろじ)

生年月日:1966年6月12日

出身地:東京都

グループ:エレファントカシマシ

パート:ボーカル、ギター、ブルースハープ

身長:170cm

足が長くて細いから

もっと身長高いものかと

思ってました。

音楽活動については

幼い頃からされていたようで

小学3年生から5年生まで

NHK東京児童合唱団に入団していたみたいです。

宮本浩次の独特なキャラとは?

宮本浩次さん

バラエティ慣れしていないためなのか

その行動1つ1つに出演者からの

ツッコミが入ります。

そんな宮本浩次さんを

松本人志さんは

「いいでしょ。この人はいい。人としてのうまみがエグいです。うまみがいっぱい出ますから」

出典:https://matome.naver.jp/odai/2149050149634217101

とこれまた独特な表現で

絶賛しています。

宮本浩次さんの特徴として

  • 独特の間
  • 長い時間をかけて話す
  • 全身を使った熱弁

とひつ筋縄ではいかなさそうなものを持っています。

独特なキャラは天然?

上記に上げたような独特な

世界観を持った宮本浩次さんでしたが

果たしてそのキャラは天然物なのでしょうか?

巷では

宮本浩次さんは

あまりコミュニケーションが得意でないことで

知られています。

ですので

独特な間も

全身を使った熱弁も

宮本浩次さんが精一杯気持ちを

伝えようとする一心で現れた

形なのではないでしょうか。

その実直に

向き合う姿が

独特な雰囲気を作り出し

みんなから愛される

キャラクターを生み出しているのだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする