陸上界(やり投げ)の消えた天才の溝口和洋って誰?現在は花を栽培?引退理由はギャンブル?

スポンサーリンク

11月18日(日)放送の

【消えた天才】は

『室伏広治が唯一憧れた天才20年ぶりの登場』

ということで

槍投げ界の消えた天才が特集されました!

その陸上界最高の天才と呼ばれ

あの金メダリストの室伏広治さんから

人生で最も影響を受けたと言われるほどです。

その陸上界の消えた天才の名は

溝口和洋さん

室伏広治さんは

「種目は違うが同じ投てき種目であるということで溝口和洋さんと共に練習をした」

「溝口和洋さんは限界に挑むことの尊さ、限界を超えるための練習をこなす楽しさを教えてくれた恩人」

と語っておりどれだけ

室伏広治さんが慕っていたのかがわかります。

また

学生時代にやり投げで

全国2位に輝いた

照英さんも

「神様的存在です」

と言っており

アジア人として世界の頂点に

初めて立った人なんだそうです。

そんな

溝口和洋さんは

なんと独学で

やり投げを学び

やり投げ界の頂点に立ったという

漫画の登場人物みたいな人物です。

溝口和洋さんは

輝かしい実績を持ちながら

突如としてやり投げ界から

その姿を消します。

スポンサードリンク

溝口和洋の現在は?

溝口和洋さんは

現在トルコキキョウという

結婚式のブーケなどで使われる

花を栽培されていました。

ではなぜ

溝口和洋さんは

やり投げを辞めてしまったのでしょうか?

<溝口和洋がやり投げ界から姿を消した理由は? 次ページへ!>

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする