巨大流しそうめんの結果は?雑賀崎は日本のアマルフィ?【鉄腕ダッシュ】

スポンサーリンク

7月29日(日)放送の

【THE鉄腕DASH】の

「DASHご当地PR課」にて

”巨大流しそうめん”が行われました!

今回の舞台となったのは

和歌山県和歌山市

和歌山市は現在観光業が

上手くいっておらず苦戦中とのこと。

和歌山市役所が言うには

「あの世界的な観光地に似ている場所がある」

ということですが

その世界的な観光地とは

イタリア・アマルフィ

出典:https://www.newsweekjapan.jp/stories/culture/2015/07/post-3796.php

そんな有名な観光地に似ているとされるのは

和歌山市の

雑賀崎

雑賀崎は

元々鯛などがよく取れる

漁師町でした。

昭和25年に

「新日本観光地百選」に選出され

新婚旅行のスポットとして話題になりました。

その「日本のアマルフィ」こと

雑賀崎の景色がこちら

出典:https://snaplace.jp/saikazaki/

海岸の町という意味では

アマルフィに通ずるところがありますね。

この住宅が密集している感じの路地裏にも

風情がありそうです。

また

斜面に建つどの家も

オーシャンビューということもあり

夕日などキレイに見えそうです。

スポンサードリンク

巨大流しそうめんは1km?!

日本のアマルフィこと

雑賀崎で行われる

”巨大流しそうめん”

その全長はなんと

1kmを目指しています!

まず

流しそうめんで使用する竹の手配

協力いただいたのは

子どもたちに田園の素晴らしさを伝えている

「山東まちづくり会」の皆さん

(平均年齢64歳)

皆さんに用意いただいた

竹の数は400本!!

竹の準備ができたところで

いよいよ流しそうめんのコース作り

スタート地点は

雑賀崎灯台

灯台スタートということで

いきなり螺旋階段という

難関が続きます。

ここで

協力いただいたのは

雑賀崎のまちづくりを担う

建設会社「東組」の皆さん。

灯台をクリアした後は

高いところに移すために手動エレベーターを作ったり

空中を移動させるためにイカ釣りのヤエンで滑車を作ったり

平坦な道で傾斜を取り戻すために水車を作ったり

ゴールでそうめんを発射する装置を作ったり

と町の方々の協力を得ながら

着実に流しそうめん台を作成していきました。

そして

いろいろな仕掛けを

駆使してついに流しそうめん台が完成

果たして流しそうめんは

1km先のゴールに辿り着くことが

できたのでしょうか?

灯台~船まで

  • らせん急カーブ
  • エレベーター
  • 空飛ぶそうめん
  • 5m大ジャンプ
  • 巨大水車
  • ゴムパチンコ

と関門が控えます。

まずは

「らせん急カーブ」

クリア!

雑賀崎のお散歩コースを

ゆっくり下っていった先

「エレベーター」

クリア!

続いて

「空飛ぶそうめん」

飛んだ先の竹に張り付き

クリアならず…

と思いきや水の力を借りて

復帰!

ここで少し想定外の事態

それは…そうめんの膨張!

水を吸って膨張してしまった

そうめんが竹筒をはみ出してしまわないか

ハラハラです。

そのまま

「5m大ジャンプ」

…直前でそうめんストップ

ここも水の勢いを借りて復帰

そのまま大ジャンプ成功!

斜面を取り戻す

「巨大水車」

こちらも大成功!

最後の見せ場

「ゴムパチンコ」

後少しというところで

そうめんストップ

ここでも地元の皆さんの力(水の勢い)

でそうめんを運びます。

ゴムパチンコも強引に作動させ

見事ゴール!

今回の放送では

雑賀崎の魅力が存分に

発揮されており

企画は大成功だったのではないかと

思います。

これをきっかけに

雑賀崎に観光客が増えるといいなと

思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする