中村仁美が鬼嫁なのは本当?大竹一樹が原因?【アナザースカイ】

スポンサーリンク

フリーアナウンサーの中村仁美さんが

4月6日(金)放送の【アナザースカイ】に出演されます!

中村仁美さんと言えばさまぁ~ずの大竹一樹さんと

ご結婚されており、「鬼嫁発言」が話題となっております。

今回はそんな中村仁美さんが

本当に鬼嫁なのか?

そうだとしたら理由はあるのか?

といったことに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

中村仁美のwiki風プロフィール

出典:https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/thetv_138654

名前  :中村 仁美(なかむら ひとみ)

生年月日:1979年6月8日

出身地 :神奈川県

職歴  :元フジテレビアナウンサー

活動期間:2002年~2017年

配偶者 :大竹一樹(さまぁ~ず)

中学・高校と6年間陸上部で活動しており

何気に体育会系でした。

かと思えば

大学では生活材料物性研究室で

「茜含有色素のHPLCによる化学的分析」という

何やら難しそうなことまでやっていました。

しかも大学時代にアメリカへの1ヶ月の

留学経験があるなどワールドワイド。

さすが元フジテレビアナウンサーですね。

中村仁美は鬼嫁か?

中村仁美さんの旦那さんであるさまぁ~ずの大竹一樹さんは

ことあるごとに「鬼嫁発言」しており中村仁美さんはそのことに

イライラしているご様子。

大竹一樹さんの「鬼嫁発言」がどのようなものか

一部ご紹介します。

その1

大竹一樹さんが食べたい料理をリクエストすると

「家はレストランじゃないんだから」

と拒否。

その2

洗濯はいつも大竹一樹さんがしている。

その3

家にいるといつも中村仁美さんが掃除機で大竹一樹を追いかける。

などなどそこそこのエピソードですね。

この話だけを聞くと中村仁美さんは

「鬼嫁」な部分もありそうですね。

スポンサードリンク

中村仁美が鬼嫁なのは大竹一樹が原因?

先ほど挙げたエピソードだけを聞くと

大竹一樹さんは苦労してるんだなぁ

という気持ちになりますが

どうやら大竹一樹さん自身にも

原因の一端がありそう?

ということが分かってきました。

先ほどのエピソードを例に紹介していきます。

その1:“レストランじゃないんだから発言”

大竹一樹さんは食へのこだわりが強いらしく

家族で出掛けた日の夕食を家でとろうとなったときのこと。

中村仁美さんは「うどん」を提案しますが大竹一樹さんは

昼にパスタだろ、夜にうどん。麺・麺、ない

と聞く耳を持ちませんでした。

そこで大竹一樹さんがリクエストしたのは「餃子」

そこでカチンときた中村仁美さんは

これから餃子の皮を買って包んで、洗い物……。誰がするの?レストランじゃないんだから

と「レストランじゃないんだから」発言に結びつくそうです。

その2:洗濯はいつも大竹一樹

これも大竹一樹さんのこだわりが影響しているようです。

大竹一樹さんは同じ素材、同じ色にそれぞれ分けてから洗濯するそうで

さらに洗濯・すすぎ・脱水の時間から

洗剤・柔軟剤の種類まで細かく分類するのだそう。

これは大竹一樹さんにしか洗濯できませんね。

その3:掃除機で追いかけられる

これは大竹一樹さんのズボラな一面が関係しているようです。

部屋を引っ越して以来、大竹一樹さんは片づけをしていないため

部屋から出てくるといつも身にゴミを纏っているらしいのです。

そりゃ掃除機で追いかけたくなりますね。

【まとめ】中村仁美「鬼嫁説」の陰に大竹一樹あり

中村仁美さんが「鬼嫁」と言われる原因については

大竹一樹さんにもありそうだということが分かりました。

しかしどうしても「鬼嫁発言」している大竹一樹さんの

話を聞くことが多いため中村仁美さんよりも影響力があり

「鬼嫁説」が広まってしまったのでしょう。

中村仁美さんにはこれからもめげずに

家族を守っていっていただきたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする