パリコレ学は泣きすぎ?ネットの反応や評価は?大きめサイズのニットが流行?【初耳学】

スポンサーリンク

12月2日(日)放送の

【初耳学】は

代表企画の一つ『パリコレ学』でした!

今回は#5ということで

これまで得てきた経験をもとに

『白ニット』の着こなしにチャレンジ

今回の課題は

「ニットを使った着こなし」

今年の秋冬流行アイテムの一つ

大きめサイズのニットが3種類

用意されていて個性を出すというもの

次々に自分を出すために

服を選んで見てもらう

養成学校の生徒たち

アンミカさんや

特別講師のRyokoKishimotoさんから

コメントを貰うと

皆が涙を流します。

それは

叱咤されることへの悔し涙だったり

褒められたことへの嬉し涙だったり

それぞれに涙の意味が違います。

確かに

本気で挑んでたら

泣いちゃうよなー

という印象です。

あと

胃がキリキリしそうな

雰囲気も相まって

自分だったら耐えられないかなー

と思ってしまいました。

スポンサードリンク

ネットの反応は?

今回の放送を見た

ネットの反応はというと

結構批判的な意見が目立ちました。

パリコレ学スタイリストの人が直したの結構ださかったんだけど…

パリコレ学初めて見たけど、そんなにすぐ泣くほどのキツさかなぁ?まぁ厳しい言い方はされてるけど、あの程を度言われて泣くメンタルなら、業界残っていけないと思う(´ω`;)

アンミカのパリコレ学見てるけど、みんなすぐ泣きすぎ。メンタル弱くない?

ただ

勉強になるなーという

意見も見られたりしました。

パリコレ学面白いなあ 簡単に調べられるものって本当には身に付かないんだよって言葉が刺さってやばい

同じアイテムでも合わせ方でこんなに印象が違うんだな

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする