ピンク赤飯の作り方!誕生の理由や考案者は?美味い?不味い?評判は?【ケンミンショー】

スポンサーリンク

8月2日(木)放送の

【秘密のケンミンSHOW】で

北海道のピンク赤飯が紹介されます!

出典:https://pucchi.net/hokkaido/knowledge/bean.php

どうやら甘いらしいのですが

甘い赤飯…想像できませんね。

今回は

謎多きピンク赤飯に

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

ピンク赤飯の作り方は?

早速

ピンク赤飯の作り方行ってみましょう!

1.もち米に食紅を入れて炊く

北海道では鮮やかなピンクを出すために

食紅を投入するんだそうです。

ただ、程よいピンクのために入れすぎ注意。

2.甘納豆を入れる

赤飯が炊きあがったら好きなだけ

甘納豆を入れて混ぜ合わせます。

以上!

凄く簡単に作れてしまいます。

ピンク赤飯の評判は?

ピンク色の赤飯ということで

見た目のインパクトは抜群!

味は甘いのは想像できますが

実際美味しいのでしょうか?

ネット上の評判を見てみましょう。

  • ごま塩をかけたら大丈夫
  • おかずと一緒には食べられない
  • おはぎと思えばあり
  • 大量には食べられない

などなど

やはりカルチャーショック的な

イメージが先行して

積極的に美味しいとは言えない印象です。

ただ、話題性はあるので

作ってみるのもありかなと思いました。

スポンサードリンク

ピンク赤飯はなぜ生まれた?

ピンク赤飯はどのようにして生まれてきたのでしょうか?

実は学校の先生が考案者だと言われています。

その人の名前は南部明子先生

1948年創立の

光塩学園女子短期大学という

私立学園の初代学長です。

光塩学園女子短期大学は

食物栄養科と保育科があり

家政教育を学べる学園です。

南部明子先生のお母さんが

炊き上げた赤飯に甘納豆を

乗せて食卓に出し

その味が忘れられなかった

南部明子先生は料理教室で

赤い赤飯を紹介していったそうです。

当時の南部明子先生は

札幌を代表する程の料理の先生で

そんな南部明子先生が紹介するピンク赤飯は

新聞やラジオで北海道中に広まっていきました。

ピンク赤飯は

思い出の味だったのですね。

まとめ

ピンク赤飯は

北海道で古くから親しまれている

料理だということがわかりました。

そこには

ほっこりするような

エピソードがあり

ピンク赤飯がもっと広まればいいなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする