フウセンウオの値段や飼育方法は?寿命は短い?見れる水族館はどこ?【志村どうぶつ園】

スポンサーリンク

6月22日(土)放送の

【天才!志村どうぶつ園】で紹介された

フウセンウオが可愛いと話題です!

フウセンウオ過呼吸になるぐらい可愛い(´- `*)

フウセンウオ!ポニョ感!吸盤で岩にしがみつき、 餌が落ちてくると活発に(笑)😎#志村動物園

フウセンウオ可愛い。 観に行きたい

まん丸としてかわいらしいフウセンウオですが

家庭で飼育することはできるのでしょうか??

スポンサードリンク

フウセンウオは飼育可能!

フウセンウオは一般のご家庭で飼育可能です!

フウセンウオを飼育する際に必要なものは

水槽(W30cm)

フウセンウオはそこまでサイズが大きくない魚です。

そのため用意する水槽はW30cmで充分と考えられます。

フウセンウオを飼育する際には水温を低い状態でキープする必要があります。

海水

フウセンウオは海水魚です。

そのため海水を準備する必要があります。

人工海水の素が販売されており海に行くことなく

海水を準備することが可能です。

底砂

水質安定のために底砂はバクテリアを培養している

ライブサンドという砂がおすすめです。

ろ過装置

水質安定のためにろ過装置が必要となります。

冷却装置

フウセンウオは水温の低い状態(15℃前後)で飼育する必要があるため

適温をキープするための冷却装置が必要となります。

水温計

適温をキープするための冷却装置を管理するために

水温計が必要となります。

スポンサードリンク

フウセンウオの値段

フウセンウオの相場は

10,000円~20,000円とされています。

ただし、あまり市場に出回っていまいため

めぐり合うのは中々大変そうです。

そのため価格も結構高めで設定されています。

フウセンウオの寿命は?

フウセンウオの寿命はおおよそ2年ほどと言われています。

水温管理が難しいと言われているため

上手く調整してあげないともっと早く死んでしまうとされています。

スポンサードリンク

フウセンウオがいる水族館

ここではフウセンウオに会える水族館を紹介します。

  • 神戸市立 須磨海浜水族園(兵庫県)
  • サンピアザ水族館(北海道)
  • 稚内市立 ノシャップ寒流水族館(北海道)
  • オホーツク流氷館(北海道)
  • おたる水族館(北海道)
  • 伊豆 三津シーパラダイス(静岡県)
  • 名古屋港水族館(愛知県)
  • 竹島水族館(愛知県)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする