山村俊夫(エームサービス社長)のwiki経歴!東京オリンピック選手村の食堂運営は大丈夫?

スポンサーリンク

6月27日(木)放送の

【カンブリア宮殿】にエームサービス社長の

山村俊夫(やまむらとしお)さんが出演されます!

エームサービスは全国の社員食堂をはじめ

病院や介護施設に大学の食堂など約3900か所で

給食事業を展開する企業です。

エームサービスが提供する食事は

「美味しくて、ヘルシー」と高い評価を得ており

社員食堂の売り上げは業界一!

今回はそんなエームサービスの社長

山村俊夫さんに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

山村俊夫のwiki風プロフィール

出典:http://shigoto-ouendan.com/support/interview/02.html

名前:山村俊夫(やまむらとしお)

年齢:60歳(2019年現在)

出身地:東京都

学歴:早稲田大学政経学部 卒

役職:エームサービス株式会社 社長兼最高経営責任者

山村俊夫さんの職歴は

1981年:三井物産 入社

2003年:エームサービス株式会社 取締役 就任

2015年:エームサービス株式会社 専務執行役 就任

~現在:エームサービス株式会社 代表取締役社長

エームサービス株式会社は三井グループの企業であり

1976年5月に三井グループと米国アラマーク社との

合併会社として設立されました。

2003年から三井物産はエームサービスの主導権を

握る会社となっています。山村俊夫さんはそのタイミングで

エームサービスに役員として派遣されたと考えられます。

スポンサードリンク

エームサービスは東京五輪の選手村で食堂を!

エームサービスは

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会選手村内の

飲食提供の委託先として選ばれています。

契約金額は62億3470万円!

エームサービスは大会期間中、選手やスタッフに

約140万食を提供するとされており

和食も提供することで日本の食文化を発信していくそうです。

実はエームサービスは1998年の長野冬季五輪でも

選手村の食堂運営をてがけていたそうでその実績も

評価された形となります。

スポンサードリンク

東京五輪の食堂運営は大丈夫?

エームサービスが2020年東京五輪の選手村での

食料調達に際して問題視されているのは畜産業です。

日本の畜産業は欧米、インド、南アフリカなどの国々で

廃止されていった飼育法を採用しているそうです。

そこでアニマルウェルフェア型畜産システムの

最低基準にするために下記改善を求められています。

■鶏

小さいかごやバタリーケージという

狭い檻に閉じ込める「ケージ飼育」ではなく

屋内外を自由に行き来できる放牧または

屋内の鶏舎を歩き回れる平飼いにすること。

■豚

妊娠ストール飼育(妊娠豚の拘束檻)ではなく

妊娠ストールフリーの豚肉を提供すること。

これらの要求をいかにクリアしていくかが

エームサービスの課題になってきそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする