お侍ちゃんのクローン病は現在は完治する治療法なくて原因も不明!?【世界仰天ニュース】

スポンサーリンク

8月6日(火)放送の

【世界仰天ニュース】にて

お侍ちゃんのクローン病が特集されます!

お侍ちゃんは侍キャラのお笑いタレントで

延宝九年生まれの出身は陸奥国南部藩で

四谷の寺子屋で学んだという設定が渋滞している

お侍ちゃんですがクローン病という難病を患ったんだそうです。

果たしてクローン病とはどんな病気なのか?

また、お侍ちゃんは現在もクーロン病と戦っているのか。

今回はお侍ちゃんとクローン病に

迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

お侍ちゃんのwiki風プロフィール

出典:http://sutakorasacchan.com/post-2096/

名前:お侍ちゃん

本名:内村寛裕(うちだのぶひろ)

生年月日:延宝九年(本当は1981年3月17日)

出身地:陸奥国南部藩(岩手県盛岡市)

学歴:四谷の寺子屋(上智大学理工学部物理学科 卒)

資格:高校理科教員免許、江戸歴史検定三級、城郭検定二級、日本茶検定一級

趣味:格闘技観戦、歴史小説を読む

特技:書道、そろばん、暗算

事務所:サンミュージック

上智大学卒という高学歴なお侍ちゃん

高校も盛岡第一高校というところで

県で一番の進学校とのこと。

偏差値なんと70!

お侍キャラからは想像できない

まさかの理系なお侍ちゃんですが

趣味は歴史小説を読むということで

芸風に生かされています。

そもそもなぜお笑い芸人になったのかというと

高校生の時に友人に誘われ学園祭の慰労会で舞台に立ち

ウケたことがきっかけなんだとか。

その快感の虜になったお侍ちゃんは

大学でも学生コンビとして事務所に所属。

大学卒業後に相方が辞めてしまったため

ピン芸人になることに。

そしてクローン病との

戦いが始まるのでした…

スポンサードリンク

お侍ちゃんとクローン病

2019年1月に【ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ】に

出演するための稽古をしているときのこと。

帰宅後に39℃の高熱が出ます。

その後、高熱は下がりますが

腹痛のため病院に行くと胃腸炎と診断され

抗生物質をもらいます。

しかし、腹痛は収まるどころか

痛みは増していき稽古も休まなければいけないほど

症状は悪化し大きな病院へ行き入院することになります。

入院中も胃腸炎の治療を続けますが

症状は一向に良くなりません。

その後、大学病院へ転院し

小腸内視鏡検査を行うことでクローン病と

判明するのでした。

クローン病とは

クローン病とは小腸などの

消化器官の至る所に慢性的な

炎症を起こす病気で

腹痛・下痢・体重減少・発熱・倦怠感

という症状が出ます。

クローン病の原因は不明だそうで

遺伝や環境に免疫などの要因が

絡み合っていると考えられています。

クローン病の治療

クローン病の治療法は

食事制限や栄養剤で腸への刺激や

負担を軽減する栄養療法。

炎症を抑制する薬物療法。

外科手術などが挙げられます。

スポンサードリンク

お侍ちゃんの現在は?

お侍ちゃんは入院から40日目で

退院することができました。

現在は脂肪の摂取を半分に制限したり

腸への負担を掛けないように食事には

気を使っているようです。

クローン病を経験してから

体重が70㎏から55㎏まで減少し

出演予定だった【ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ】も

降板することになりました。

クローン病ですが

現在は完治する治療法は見つかっておらずに

国の難病指定になっているそうです。

お侍ちゃんは上手く病気と付き合っていく

方法を模索中とのことです。

まとめ

お侍ちゃんは高学歴の芸人さんで

クローン病という国が難病指定するほどの

難病を患われた経験の持ち主でした。

現在も食事制限などで

腸に負担を掛けないように

生活をされているということで

今後も病気と付き合っていくことになります。

ただ、お侍ちゃんの様に

テレビでの発信力のある人が

今回のクローン病などの難病の経験を

テレビを通して伝えていくことが

大切だったりするのかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする