松田克彦の陸上記録は?現在は大学講師で陸上は?【消えた天才】

スポンサーリンク

8月11日(日)放送の

【消えた天才】にて

陸上界の消えた天才こと松田克彦(まつだかつひこ)さんが

特集されました!

松田克彦さんは

不屈の天才陸上選手として

世界が大絶賛したという陸上選手です。

そんな松田克彦さんは

これまで数々の記録を残してきたといいます。

スポンサードリンク

松田克彦のwiki風プロフィール

名前:松田克彦(まつだかつひこ)

生年月日:1965年5月10日

出身地:長野県

学歴:順天堂大学 卒

松田克彦さんは日本選手権十種競技で

1988年、1989年優勝という2連覇を達成しております。

松田克彦の記録

松田克彦さんがこれまで陸上で残してきた記録には

  • 十種競技日本記録(7871点)
  • 十種競技1日目特典日本最高記録

というものがあり日本記録保持者です。

その他にも日本選手権にて

  • 1988年優勝
  • 1989年優勝
  • 1990年準優勝
  • 1992年準優勝
  • 1993年準優勝

しかし、世界陸上以降の

1994年~1995年は表彰台なしです。

松田克彦の現在

現役を引退した松田克彦さんは

現在、

日本陸上競技連盟混成競技部長、

日本陸上競技連盟強化部員、

関東学生陸上競技連盟強化委員などを歴任しており

また、平成国際大学専任講師でもあります。

実は2007年の【24時間テレビ】にて

マラソン選手として参加された

間寛平さんのトレーニングコーチもされていたんだそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする